So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

ピ-助 うちの子?



ピ-助が弱っているのは、風邪だけなのか、

まだよくわかっていません。


今もわが家の玄関先(外部)で、ダンボ-ル箱の中でうずくまっています。


何度か様子を見ては、風が吹き込まないようにして対策をしてやっています。


カラダから熱が奪われないようにしてやろうと思います。


いつもなら、わたしが近ずこうものならサッと居なくなってしまうのに・・・
今は箱の中で動こうとしません。


よっぽど気力も体力も落ちているのかもしれないです。


・・・少し思っています・・・・


このままうちの子になればいいんだけど。



無理なことだと思いますが・・・。


野良ネコは、人間を信用していませんから。


人間にどんなひどい仕打ちをされてきたのかと思うと可哀そうでなりません。


害獣、だなんてうそぶくヒトらがいますが、わたしからすれば彼らが、

害人、そう思います。


動物は嘘をつきません、裏切りもしません、ただ生きていくことだけを

命のある限り全うするだけです。


そこには、純粋な生きるチカラだけがあるだけです。


ヒトはそんな動物にどんな考えを持って対峙しているのでしょうか?


こんなことを言ってるヒマはありませんね・・・・


ピ-助が早く元気になるようにしてやらないと。


うちのネコたちと一緒に暮らせればいちばんよいことなのですが・・・。



タグ:うちの子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助 鳴く



昨夜、就寝前、

カミさんが
玄関先に用意したダンボ-ル箱で眠るピ-助の様子をうかがうと、

・ニャオ-ンニャオ-ン・

突然ピ-助が鳴きました。


ピ-助の鳴き声を聞いたのは、初めてのことでした。


寒中、体が冷えると体力が落ちると思いおやつを用意してあげたときです。


その鳴き声から、
ピ-助の、・助けて・という思いが伝わるような気がしました。


もしかしたら、本当にわが家に助けを求めて居座ったのかもしれません。


ここなら、助けてくれるかも・・・ここで命を失ってもいい・・・。


そう思ったのかも。


考えてみれば・・・・

わが家の家出娘のグウは、ピ-助と一緒にいる可能性もあるのですから。


ピ-助は、グウよりも1日早くわが家にやってきて寒さに身を震わせていました。


昨年まで、そんなピ-助を目にしたことなどありませんでした。


これはかなり衰弱しているなぁ、そう感じました。


カラダの熱を下げないようにダンボ-ル箱を用意してやり、毛布も敷いてやりました。


ちょっと元気になったかなぁ、そんな次の日・・

グウが帰ってきたのです。



偶然かな?・・・・


でも、何かこの2匹に知りえるお互いの状況が垣間見える気がしました。


グウに話しかけてみました。
・ピ-助を家に連れてきてあげたのか、グウ・

グウは
・ニャァ~・


ピ-助が弱っているのを、グウはわが家に助けてもらおうとしたのかもしれません。


弱っているピ-助、

いつもならわが家のほかのネコたちとケンカまではいかずとも、
唸りあったりしますが、


今回はわが家のネコたちも、ピ-助が弱っていることを理解しているのか、、、

騒ぎは全く起こりません。


今朝もじっとダンボ-ル箱の中で、温まっていました。


ピ-助のあの鳴き声は、それとも、

・ありがとう・

そんな鳴き声なんだろうか?


大丈夫、

きっと良くなるから。


薬もご飯に混ぜているから、もうすぐ元の元気なぴピ-助に戻るよ。


大丈夫。

タグ:ニャオ-ン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

グウの 不思議



帰ってきたグウ・・・。


こうして帰ってきたとき、いつも気になることは、その汚れていないカラダです。


プチ、とはいえ家出している娘ネコ。


足元やカラダのお腹辺りは通常雨や雪などに触れて、濡れていることがあるはず。


しかしグウにはそういった汚れがほぼ見つけられないのです。


なんといえばいいのか、

どこかのお宅にでもお世話になっているのか?とさえ考えてしまうほどです。


・・・・いつもいつもこんなにきれいなカラダで帰ってくるのは不思議でしかありません。


不思議なんです、とっても。

7か月です、今年の4月に出て行ってから、7か月。

一度たりともわが家に帰ってきたことはなく、11月17日(金曜日)の朝方帰宅しました。


どうしてこんなに綺麗なカラダでいられるのか。


どこか、わが家の近くに潜んでいて、そこから帰ってきたとしても・・・

この雪が降っている状況で濡れない・・・なんてことがあるのか?


本当に・・・足の裏側以外は濡れていないのですから・・・。


いったいどこでこの7カ月間を過ごしていたんだろうか?・・・んんん??


それは確かにお腹は減っているのですが・・・痩せてもいるわけでして、

なら、やはり家出してからろくに食べ物も食べれていなかったのだろうな、などと
思うわけでして。


グウがこうして帰ると同じ事を毎年考えているのも、おかしな話ですが。


まぁ、今はグウが帰ってきてくれたことを喜んでお祝いしてあげることにします。


ほかのネコちゃんたちもなにか喜んでいるように見えてきます。


ピ-助もまだ家の玄関先で風邪を治そうとして我慢しているところです。


ピ-助・・・逃げません。

わたしたちが毛布を追加して温かくしてあげるのを黙って見ているんですよねぇ。


わたしたちがしていること、きっとわかっていることでしょう。

家の中に入れようとしてもそれだけは拒否するんです。


頑張ろうとしているのがわかりますよ。


ネコ風邪に負けないで、頑張れピ-。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

帰ってきた グウ



寝ています~…グウちゃん。


食べては水を飲み、寝る・・・・また食べて水を飲んで、寝る。


マジ寝ますね~・・すっかり疲れを癒しているって感じです。


こんなに落ち着ける場所があるっていうのに、なんでプチ家出してるのか?


まさしくここが自分の家だとりかいしているはずですしねぇ?


以前にも記述しましたが、

こうして家出していて帰ってくると、体が汚れているとか傷があるとか、

そういうことがあると思うんですよね、


だけど今回もまったく全然汚れもないんです。


変化があるとしたら、

首輪がなかったことだけです。


新しい首輪をつけてあげましたよ、うん、似合ってます。


かわいいグウです、あの独特の鳴き声も変わりません・・・ガウアガウアっって。


カラダはけっこう痩せましたねぇ、こんなに小さくなって。


これでしばし次の春まではわが家に居ながら生活することでしょう。


今年は一度も姿をみせなかったグウ。


7カ月のあいだどこでどうしていたのかさえ、わたしにはわからないのです。


それでもわが家を忘れずに帰ってきてくれました。


今晩は少しだけお祝いします。


グウちゃん、お帰りなさい。



一年間、外の世界で頑張ったね~。
タグ:家出
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

雪とともに 帰る



今年の早春、・・・・4月に家を出て行った、メスネコのグウ。


御年、8歳になるところ。



昨日の朝から雪がチラリチラリしていましたが、。


こういう景色が見えだすときに、プチ家出娘のグウが帰ってきていたのですが。


午前中のうちに雪は激しくなっていきました。


あたり一面、白い世界です。


・・・・この日はそれ以前にあの野良ネコのピ-助が家の玄関の前に居座っていました。


寒さに震えているのがわかりました・・・・ご飯をあげダンボ-ル箱の底に
毛布を敷いてピ-助が温まるようにしてあげました。


ピ-助、風邪をひいているようで、鼻をグシュグシュ~としています。

こうしてピ-助は一晩、玄関の場所で過ごしたんです。


そうした中、午後の三時ころ、カミさんが、グウの声が聞こえたような気がする、
なんて言いまして・・・・。


わたしは、7か月も姿を見せないグウのその身に何か大事が起きたのではないか、
もう帰らないのではないか、、、そう考えていたので、


カミさんの言葉に耳を傾けませんでした。

・・・でも、その後ちょっとしてから、わたしの空耳?なのか・・・
わたしにもグウの声が聞こえたような、そんな気もしたんです。


夜になってもグウの姿は見当たりません。

カ-テンをあけて、・グウ-ちゃん・の名前を何度か呼んでみますが、声も姿も
現れません。


辺りは完全に冬景色になっています。


わたしの中で、グウはもうこの世にいない、という気持ちを持っていないと
悲しすぎる・・・・そんな思いがありました。


こんな雪が降りだしても帰らないグウ。

きっと何かの事故などで、命を落としたかも・・・そんなことを考えてしまうのです。


そう思わないと、。


さみしすぎますから・・・。


寝る前に野良ネコのピ-助にまたおやつをあげ、ダンボ-ル箱の上にビニルシ-トを
かぶせて、温度が少しでも逃げないようにしてやりました。


・・・・・

朝起きてすぐにピ-助の状態を確認しました。

なんとか元気そうです、ご飯もちゃんと食べてくれました。


グウ、・・・・は、。



また居間のカ-テンをあけてサッシを開放してグウの名前を呼んでみます。


すると返事が。


・グァ~グァ~・

特徴的なその鳴き声こそグウなんです。


まわりを見渡すと、グウがわたしのクルマの下からその姿を現します。


グウは生きていました。

7か月も帰らなかったグウ。


生きていたんです!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ヒトの 目線



わたしの住む地方には、もうそろそろ雪の季節がやってきます。


わが家のネコたちには、またそれも楽しい時なのだと思います、が。


わが家のネコたちは、
雪が降っても元気よく外へ出たりし走ったりし、それはそれは本当に楽しそうです。

そんな姿を見るのは、また、わたしの楽しみでもあります。


・・・でも毎年、この雪の季節が近ずくと、あの野良ネコのピ-助のことをほぼ、
毎日のように思い浮かべてしまいます。


ここは、大雪の街ですから、ちょっとの雪じゃありません。

時には雪が降り始めたか、と思うと、数分で30センチは積雪し、足を運ぶのも大変に
なるほどなのです。


それでも、ここは一応30万都市。


雪は大吹雪になると、視界前方が1メ-トル先も判断できなくなります。

体験ですが、
家の前までクルマで帰ってきたのに、直前で道路わきに脱輪して動けなくなったことがあります。

雪が、目の前の判断するべきモノや道路、などを遮り、思わぬ落とし穴を用意します。


この時は、脱輪したクルマを上げるのに、3時間もかかったのです。


なので、
野良ネコだって、日ごろ住処にしている場所は、ほぼ住めなくなると考えられます。

この地方の雪は、経験していなければ、もはや住みたくない場所のはずなのです。


野良ネコのピ-助は、こんな雪の地域で生きています・・・そして春になると・・・


気にしていたわたしを思ってか・・・その姿を見せてくれるのです。


そんな春が訪れた時、わたしはようやく安心して仕事も生活もできる気がしています。


ヒトは勝手です・・・・そういった動物を排除することしか考えません。


懸命に生きる野良ネコ。


生きていくことでしか自分を現すことができない野良ネコ。

ケガしたって誰も助けてはくれません。


ヒトに追いやられ、隠れ家を探しあちらこちらを動き回る野良ネコ。


どうか、今年の冬も頑張って生き抜いてほしいです。


・・・・誰もこんな大雪の街に住みたがらないだろう・・・・そうは言うものの・・・


ここは、そんなキツイ冬を乗り切ったとき・・・・心も体も解き放たれたような新鮮な


春を迎えることができるんです。


日本のどこよりも四季を感じさせ、キツイ冬を体験させ、とてつもない鮮やかな春。


それを感じることができる、そんな街です。



ピ-助は、またきっと頑張りますよ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

あと始末


年長ネコのメスネコ、ハル10歳・・・・。


神経質で細かいことにこだわる様子が多く見られ、ほかのネコとはあまり
スキンシップをとらないのが信条・・・。


そのハルに気になっていたことがありまして、ずっと気になっていたんですが。


今朝がた、
パソコンの部屋に居るわたしの部屋にそろそろとやってきました・・・。


この部屋にはネコたちのおトイレがひとつございます。


ハル・・・おもむろにおトイレに身を投じ・・・・じっと身構えるようなしぐさを見せました。


こういう時、ネコは安全でなければおしっこさえできないんですねぇ。

今はそばに少なくても長年一緒に生活してきた、わたしという者がいるだけですから、
安心安全でしょう・・・?


キ-ボ-ドをたたきながら、ふとハルを見やると、、、、すでに御用は終了していまして。

けっこう大きな〇〇〇が2個ほど・・・。


おトイレを出たハルが、それをジッと見ているんです・・・・あれ?あれ?


ハル、砂をかけないのか?


・・・・その場を悠々と去っていくハル・・・・何事もなかったように・・です・・・・・。


多少は臭いもするわけでして、すぐに窓を開けて空気を浄化しましたが。


そこへ、
ウシワカがやってきました・・・・さっきまで眠ってたのに。


なんと、そのウシワカが、まさか?なことをしていました。


おトイレに入って、ハルがした〇〇〇に砂を一生懸命にかけているじゃありませんかぁ。


なんてお利口なんだ!!!!


それも微塵も見えないまでの砂かけです、これは素晴らしすぎます。

自分の〇〇〇じゃないものを、ウシワカはあたりまえのようにして砂をかけて処理したんです。


・・・・わたしは、唖然としましたよぉ、ほんと。


あまりに類まれな行動を見て感激でした。


ウシワカのカラダを撫でまくり、いい子だいい子だ、そう言って褒めちぎってあげました。


・・・・・・


・・・

それにしても、ハル。

自分のことぐらいしっかりと処理してもらいたいものですよねぇ。


人間の言葉でしか伝えられないですから、しっかりとお話をしてやろう、と
思っています。


ウシワカ、バンザイ!


大人だなぁ、ウシワカは。


見習いなさい、ハルちゃん、お姉さんだろうが。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

台風と ネコ



また大きな強烈な台風がやってきたようです。


今頃は太平洋に沈下しているのかもしれませんが、昨夜からは眠れない
夜でした。


台風も大変なことなんですが、わが家はこの台風に便乗して外へ出るネコがいるため
さらに大変でした。


台風だけじゃありませんが、雨が降ると外に出たがります。

強風に乗って叩きつけるような雨に、ネコたちは必死の形相で走りクルマの下側に
潜り込んでいきます。


・・・・何が面白いんですかね・・・びっしょぬれ!


それが一度ならまだしも、二度三度四度、五度、・・・・・・・・・・うんざり。


ネコたちが家に戻るたびに濡れた体毛を拭いてやったりして、何度も同じことを
繰り返しているんですね、わたくし。


で、
ネコたち拭いてもらうとひっくり返って何度もでんぐり返しているんです。


そんなに面白いか???


ま、
カラダを拭いてもらえるのが楽しいのかもしれないですが・・。


なので、半端じゃない台風がくれば外に簡単には出られないはずなんですが。


それって災害がさらに広がるってことですから、・・・いけません。


しかし、ネコってこんなに身に迫る危険にも興味津々なんですよね。



今朝の家の中は、
雨風のおかげさまで、またネコたちの外へ何度も出た足跡のせいで、・・・


ドッロドッロ。


お疲れさまでした・・・もうこないでね、台風さん。






タグ:台風
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

お隣のお宅に・・・




堂々威風・・・・・


朝方から目も覚めるような光景を目にしました・・・。


わが家のネコ、年長10歳になるメスネコのハルちゃんが、居ません。


珍しいことでした、ハルが朝方に居ないってことが。


ハルは、朝方いつも家の中に居ることが常識的になっていて、居ない、なんてことが
これまでほとんど皆無です。


なにしろ、朝方からニャァニャァと煩いネコでして、それがハルの真骨頂でもあるんです。

ハルは鳴き声が七色の持ち主でして、本当に聞いたことが無い鳴き声を突然聞かせます。


そのハルが朝から姿をくらましていました・・・。


・・・・どこに行った????


外に出てあたりを見渡すと、、、、、アレ・・・・あれはハルじゃないか・・・?


お隣のお宅・・と言っても、完全なお隣という区画ではなく、ちょっと後ろ側にあるお宅、、、。


そのお宅の角部屋あたりの庭先の箱の上に乗っかっているじゃないですか、ハルちゃん。


ダメよダメダメ、ハル。


戻っておいで。


小さく声を出してハルの名前を呼んでみるものの・・・・わたしの方を見るも、無視!

がぁぁ~ん!


無視かよ、戻れって。

ハル!


そのお宅を見ていると居間のサッシのところに柴犬が居て、ハルを見ています。


吠えないだけマシ。


ハルは何かを凝視していて、こちらの方よりそれが気になっている様子です。

虫か、ネズミか、なんだろう?


わが家の家の角辺から、ハルの名前を呼びつつ・・・・ゆっくりと私自身の姿を、、、
家の陰に隠すように身を引いていきます・・・。


わたしの姿がハルの視界から消えるようにして・・・・



するとどうですか、、、ハルちゃん、姿が少しずつ消えてゆくわたしが気になったのか・・・


わたしの方へ足を運んできましたよ、やったぁ。


身をかがめ、ハルの名前を小さく呼び続けていると、、、、、

わたしの目の前までハルが歩み寄ってきました・・・・ニャン。


ハル、朝の探訪はもう終わりましたですかねぇ、お帰り。
タグ:探訪
nice!(0)  コメント(0) 

ご無沙汰の ピ-助



気が付けば、野良ネコのピ-助が姿を見せなくなっていました。


・・・もしかして愛護センタ-の人間なんかに捕らわれたんじゃないか?

などと穿った思いをしたりして・・・。



野良ネコとはいえとても気になるものなんです・・・いつも姿を見せるものですから。


日本には津々浦々の地域で、ネコの居住を容認しているところが多くあるようです。


一度、そういうところに足を運んでみたいなぁ、なんて思っています。


ピ-助を気にかけていたところ、今日の午前中に家の近くの野原の方から
背伸びをしながら歩いて来るのを発見しました。


こちらの方へ向かっています。


早速ご飯を用意。


きっと遠出をしてきたんでしょう、かれこれ8日間彼を見ていませんでしたから。


ピ-助が現れると、わが家のネコたちも緊張感が表れています。


さっきまで眠っていたネコたちがみな家の中で目を覚まし外を伺っているんです。

臭いでしょうか・・ピ-助の足音が聞こえるのでしょうか?


定かではありませんが、よく気が付くものだといつも感心してしまうのです。


ピ-助は家のすぐ近くにやってきて、
ご飯があるのを確認。


さっそくハグハグと食べまくりです、お腹が減ってるみたいです。


どこに行っていたんでしょうね?


人間が居ない場所に行っているのはわかっていますが、あまり日数がかかると
命に係わる何事かがあったんじゃないかって、


すごく心配になりこころ穏やかではなくなります。


ご無沙汰してたピ-助は帰ってきましたよ-。


またしばらくこのあたりで過ごすことでしょう、何事もないようにね。
タグ:ご無沙汰
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコと 散歩して



朝、目が覚めて、

キラだけが居ないことに気が付きました。


ほかはみんな帰宅していてまだ眠りそうにない様子。


6時過ぎ・・・・

キラを呼んでも姿を見せないので、あの積み木ジャングルまで行ってみよう・・・。



サンダル履きで、ジャ-ジ。


朝の空気はおいしい・・・


積み木ジャングルに向かうと、朝露に濡れた草が足にまとわりついてきます。

ちょっと冷たい。


腰丈が高い草もあるので、手で払いのけながら前へ進みます。


その草を払いのけて前へ出ると、ダダダダ-っと足音が聞こえてきます。


わたしを追い越してきたその音は、・・・・ウシワカの走る音でした。


ものすごい勢いでかけっこしているんです・・・・ネコってこんなに走るんですよ。


わたしが歩いているところへ、次々現れる、わが家のネコたち・・・・さっきまで


家の中にいたんですがねぇ。


あっという間に勢ぞろいしていました・・・・キラを除いて。


積み木ジャングルまでたどり着いて、あたりを見回していると・・・・

ニイィ~ニィ~・・・と鳴き声・・・・



積み木ジャングルを見ると、そのてっぺんにキラが立ってわたしを見ていました。


おいで、おいで。


するとサッと上から降りてきます。


キラのしっぽが太くなっているので、きっとほかのネコと遭遇したのだと思いました。


威嚇の姿勢がしっぽを太くしますから。



キラが見つかって安心し家に戻って行くと・・・・ピ-助が姿を現しました。


それを見て雄たけびをあげるキラ。


これはマズイ、と抱き上げて家の中へ放り込みました。


そこへレオが参上し、これもマズイので抱え上げ家の中に入れました。


ピ-助とケンカしてほしくありませんから、とりあえず仲裁です。


最近はあんまり吠えることもなかったのですが・・・・ネコの気分はわかりません。



今日もどうか、平穏なままでお過ごしください・・・・そんな感じです。


ケンカはダメよ。


仲良くするんだよ。
タグ:散歩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ボンネット 



・・・・・・おはようございます・・・・・


と、朝が来たのであります、が・・・


居間のサッシを開けて外を見るや否や目に飛び込んできたのは、


ピ-助です。



それもそのはず、
すぐにも目に留まるわけです・・・・その場所はわたしの愛車のボンネットの上。


ピ-助が、そこに横たわり眠っているじゃありませんか。


朝方、もう肌寒い季節のはじめなのに、ピ-助は心地よさげに目を閉じて眠っていました。


これまでそんなことはなかったのに。


わが家のネコたちがわたしの愛車(?)に乗って遠くをのぞいたりしているのは何度も
見てきましたが、、


ピ-助が乗っかっているのは・・・初です。

野良ネコですが、
わたしたちにとっては、わが家のネコたちとそんなに変わりありません。


だって、
家を新築して間もないころからわが家の周りにその姿を見せ始めていたからです。

10年になろうとする時間を、ピ-助は野良ネコ生活でくぐり抜けてきたのです。


立派ですよ、ピ-。


すでにその歯は、上下が一本もないと思われます・・・食べるときはハグハグといった
音が聞こえています。


この頃、

わが家の年長ネコのレオとも諍いしなくなり、レオもピ-助に一目置いています。


ケンカしないことがいちばん安心です。


こうしてわが家の周りに出没しても、争いがなければ問題は起こりません。


ピ-助が野良ネコのまま生きていく姿を、わたしたちはずっと見て行くことになります。



でも、
いつかは、わたしたちの目に映らなくなる日がくることでしょう・・・・でも、でも、


こころやさしい野良ネコピ-助のこと、、忘れたりしませんよ。


うちのネコたちと着かず離れずでもいいから、ずっと近くにいて生きていてほしいんです。


ピ-助はこのまえ、わたしを助けてくれましたし、


きっとわたしたちがピー助にはなにも悪いことはしないって・・・わかってくれたのかも
しれないですね。


ボンネットに乗って安らいでいるピ-助を見て、そう思いました。


安心して眠るわが家のネコたちと、、、、同じでしたねぇ。


いいんだよ、それで・・・ピ-。
タグ:ボンネット
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

大騒ぎの 朝



先日の朝・・・・大変な騒ぎに遭遇してしまいました。


朝から警察がわが家に、ピンポ~ン。


出て行くとなんと警察の方ではありませんか・・・いったいなんなのか?

何か事件でもあったのか?


・・・すると、警察官の後ろの方におじいさんが立っています。


警察の方は2名でした。


話しを聞いていると、そのおじいさんが、

・お宅のネコのせいでうちの犬がケガをしたんだ、急にネコが飛び出してきて
 犬がネコを追いかけ出して土手の斜面から落ちてケガをした・

・・・という話し・・・・。


朝方5時半ころに起こされたわたし。


突如、警察が家に訪れ、おじいさんが、わが家のネコのせいで犬がケガをした、賠償請求する・・

そんな話でした。


・おじいさんは、なに?ネコが飛び出してきたから犬をリ-ドから放したの?・

・犬がチカラが強くて離れてしまった・、、、とのこと。


そこへ、
野良ネコのピ-助がいつのまにか居たんです、家の土留めのコンクリ-トの上に
おちゃんこして。

おじいさんが、
・あのネコだ、あのネコが飛び出したんだ、あんたのネコだろ?・

・あのねぇ、あれ野良ネコだよ、うちのネコたちはいま家の中で眠ってるんだけど、中に入って
 見てみる?・

野良ネコのピ-助をわが家のネコだと言い聞く耳をもたないおじいさん。

警察の方もあきれ顔でした。


まぁいずれ事なきを得たわけですが、、、こういった方もいるわけでして、本当に
ネコの行動範囲には気をつけておくべきです。

あれから、あのじいさん、間違ったことが分かったのでしょうか、わが家の周辺に姿を見せません。

よって、わが家のネコたちはいつもどおり生活しておりました。


面倒くさい事案を持ってきたおじいさん。

それにしても、ピ-助に助けられた気がしてなりません。


あのとき、ちょうどピ-助がいてくれたから事情も話せて説明できましたが・・・。


一宿一飯の恩義を、ピ-助は返したのでしょうか?


そうだとすれば・・・・人間よりも義理堅いネコなのかもしれないですねぇ。



それにしても、
ネコの事でいろいろな問題提起をしてくれるものなんですね。


その前に…自分が何をしようとしているか、・・分別できるはずではないでしょうか。


ネコが嫌いで見たくないなら、自分がどこかへ引っ越せばいいんじゃないのかなぁ?
人間なら引越しできますし・・・。


ネコは引っ越しを自分ではできませんしね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

消えた ピ-助



三日間・・・・野良ネコのピ-助を見ることがありませんでした。


・・・・一度たりとも、ちょっとの時間も・・・ピ-助を見ることがありませんでした。


凄く心配をしていました。


・・・やっと会えました、今日の9時ころです。


わが家まで脚を運んで、来てくれました・・・・。


あのとぼけた顔を、いつものように見せてくれました・・・あ~良かったぁ・・・・ほっとしました。


ご飯をたくさん食べさせました。


たしかに最近雨模様でしたが、まったく姿を見せないってこと、そんなないことなので・・・
本当に心配しました。


良かったぁ。


とぼけた顔して、ガッツガッツご飯を食べ、どこかへまた歩いて行きましたよぉ。


またおいで、ピ-。
タグ:心配
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

野良ネコ ポロポロ


わたしはこのブログで、


はじめて飼ったネコの事を何度か、書きました。


ちびりん・・・と名前をつけたオスネコのことです。


カミさんが近所の農家を営んでいるお宅の納屋で産まれた子ネコをもらってきたんです。



・・・母ネコが居なくなってしまい、子ネコはチリジリバラバラになっていたようです。

そのうちの1匹だけが、
納屋の奥に居たのを見つけ、もらってくれない?・・と言われたそうです。


その子ネコが、ちびりん、です。


ちびりんは、その後、去勢もしなかったため、素のオスネコで育ちました。




わたしは幼いころにネコを見て育っていましたが、ネコに興味がありませんでした。


どちらかというと、犬が好きでしたから・・・。


カミさんが子ネコを連れてきたとき・・・いい歳をしてネコを飼うなんて・・・・などと思ったものです。


そうなのですが・・・

一夜にして、わたしはこの子ネコのちびりんに、ハ-トを射抜かれてしまいます。


ちびりんが家にきたはじめての夜・・・・

ダンボ-ル箱にトイレを作ってあげると・・・シツケもしてないのに、


ちびりんは勝手がわかっているようにダンボ-ル箱に入って、おしっこをしました。


これがネコ?すごいなぁ、わかるんだぁ・・・。



ベッドに寝て就寝しようとすると

すでに季節は秋も深まっていたので、夜になるとけっこうな寒さです。


すると・・・・


ちびりんが小さなカラダをベッドの上に覆った掛布団の下の方から爪をたてて
にじりのぼってきたんです。


その必死なあまりの姿は、天使のような可愛さでした・・・オ-バ-でしょうか?


2人と1匹はその夜からずっと一緒に同じベッドの上で眠るようになりました。


・・・・去勢しなかったおかげなのか、ちびりんは、

日に日に逞しいカラダつきの鋭いめつきの野生的なネコに成長していきます。



困ったのは、
半年ほどすると、ちびりんが発情したことです・・・・これには対応できませんでした。


わたしが住んでいたアパ-トは2階でしたが、

玄関のドアは1階部分にありました・・・・このドアの床のタイルカ-ペットがいつしか
避けてしまって切れ切れの状態になっているのを見つけました。


ちびりんが発情し、ドアの外へ出ようと爪で引っ搔き続けたのです。




ちびりんは、外の世界の匂いに誘われ外出しなければならない状況に陥っていました。


それからは、
ドアの下の方に水を入れたペットボトルを置いて、半開放状態にし、

いつでもちびりんが外出したり、帰ってきたりできるようにしておくしかありませんでした。


外へ出て行くちびりんが、ケガをしたりしないか、迷ったりしないか、とても心配でした。


それでも、ちびりんは、毎日しっかりと家に帰ってきてくれました。


夕方になると外へ出て行き、真夜中か朝方に帰宅する毎日が続きました。



彼は、どんどん成長して彼女までできたことがありました・・・一緒に畑の中を走っているのを
みつけたことがありました。


なんか、とても楽しそうに見えたのを思い出します。


そんな自由なちびりんの姿を見て、これがネコの本当の姿なんだなぁ・・・そう思いました。


いつしか時間を重ね、・・・・・




ちびりんは決意したのだと、・・・今もそう思っています。


ある日の朝、
わたしが出勤の前のコ-ヒ-を啜っていると・・・・


ちびりんが、わたしの膝の上に飛び乗りました・・・初めてのことです・・・珍しいなぁ

そう思いました。


そしてなぜでしょうか・・・膝の上でおちゃんこしたまま、背中をわたしに向けたまま。


仕事に出かけるまで・・・ずっと背中を向けていたちびりん、



人間なら、何か言葉があるでしょうけれど・・・・ちびりんは話せない・・・・。




・・・・仕事が終わって家に帰ってくると、ちびりんの姿が見えません・・・・・。


カミさんが、
・3時ころに出て行ってから帰ってこない、今日はどうしたのか、何度も何度も
 家から出たりまた戻ってきたりすごかったんだよね・


そう言いました。


これ以前には、家にネズミを咥えてきて、カミさんの目の前で食べてしまったそうです。
何度かそういった行動を、カミさんに

見せていたのです。


深い秋でした・・・・その日からちびりんは、わたしたちの前に現れることはありませんでした。


彼は、自分が生きていく世界を外に決めたんだと、思いました。


だから、わたしたちにさまざまな行動を見せていたんだと思います。




・ボクはひとりでも大丈夫なんだよ、もう大人だから一人で生きていけるよ・

・ほら、ネズミだって獲ることできるし、ちゃんとご飯を食べれるよ・

・だから、心配しなくていいよ、大丈夫だから、・


・ボクは行くよ、今までありがとう・






ちびりんが、言いたかったことは・・・・そういったことだったのかなぁ、と思いを巡らせます。


毎日毎日、ちびりんの名前を呼んで探しましたが、・・・・見つけることはできませんでした。



そうして今・・・
ピー助のような野良ネコをみかけると、、、ちびりん、元気でいるよなぁ、きっと。


そう思うことにして、・・・こころの中は、ポロポロしてしまうんです。



今だって、、ちびりんに会いたいですね。



ポロポロ・・・・・泣いちゃいます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ク-の 孤高


ク-は、8歳・・・。


メスネコ・・・なのですが、体型が・・・オスネコのような子です。

ただ、それは体毛のせいなのですが。


ク-の体毛は2重3重になっているように見え、地肌の近くが白い体毛で、外側に
見えている体毛が、

黒なんです。

これが、重厚感を感じさせていて、見ていても暑くるしさがあり、かつ、フワッフワッ感が
あるのです。


重厚感がまるで筋肉質感、を漂わせています。


お顔は小さくて可愛らしい鼻をくっつけてて、めちゃくちゃ愛らしいんですけど。


・・・ペチャッ・・・とした鼻なんです。


ク-は、
完全に単独行動で、さらに、自分の世界を持っている、そんなネコなんです。


子ネコ時代から
お昼に行動するのが特徴的でした。


みんなほかの子たちが昼寝をしているとき、ク-だけが外で遊んでいました。


幹線道路に出て行っちゃうんじゃないか?・・・心配したものですが、


ク-は間違っても道路に出て行くことはありませんでした。


危険な場所、を、理解しているとしか思えないほど、利口なんです。


今でも外へ出て遊んで午前10時から11時には帰宅します・・・・真夜中も出るのですが、


早朝2時くらいに起きて外出し・・・

6時ころから7時ころには帰宅します。


その後、
しばらく休んでから・・・いつの間にか外出しています。


いつもみんな家の中に居るのに、ク-だけはどこかへ出かけているような感じです。


ク-は、8歳ですが、これまで一度も心配なことがなかった子です。

いちばん手のかからないネコというわけなんです。


おとなしくしていますが、イタズラが大好きで、ほかの子たちを驚かして喜んでいます。


待ち伏せ・・・が、お得意のク-。

テ-ブルの片隅でほかのネコを待ち・・・・出合頭でビックリさせているんです。
ほかの子たちはその場で垂直に飛び上がってます。


ネコは、
勝手気ままなイメ-ジがありますから、それが普通でしょ・・・と思いますが、


このク-は、どことなく大人びたネコです。


大人びていながらも、とっても愛らしいんです。


遊んでやらなくても大丈夫ですし、気にしていなくても、危険のない所を知っています。


本当に、頭の良い子・・・・ある意味で、孤高のネコですねぇ。


ク-でした。



タグ:孤高
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

強烈な ネコの爪



知り合いの女性ですが、それこそネコが大好きな方なんです。


年齢は40歳くらい。



この女性と話しをしていたら、ものすごく強烈すぎるネコの話しを聞くことになりました。


女性は母親と同居していて2人暮らしだそうです。


で、
あるとき捨てネコを拾うことになり、母親に話したら、ネコは家の中ではなくて、裏にある
物置で飼いなさい。


そんな話になり、いたしかたなく物置で育てることにしたそうなんです。

・・少し可哀想ですが・・・。


まぁ、家人にはいろいろあることですから一緒に暮らしていれば妥協するしかない場合も
でてきますよね・・・まして母親の言うことだし。


そうして子ネコだったネコちゃんは成長していくわけですが、。


女性が朝起きると、まずネコちゃんを物置から連れてきて、自分が仕事に行ってるあいだ、
母親とネコちゃんが家の中で一緒にいる・・・


そんな感じの育ててかたをしてきたそうなんです。

なので、女性は朝と夕方からしかネコちゃんとは会えないわけですね。

日中はお仕事ですから・・・。


ある日の夕刻・・・女性が会社の仕事を終えて帰宅しました。

すると、
なぜかネコちゃんがひとりで外に出ていたそうです。・・・・そう、ネコちゃんは完全室内飼いに

近い育てられ方をしていたんです。


驚いた女性はネコちゃんのそばに歩み寄ったそうです・・・・母親はどこに行ったの?


気が付くと、
すぐ近くに近所のネコが座り込んでいました。

女性はこれはマズイとばかりにネコちゃんを抱きかかえようとしたそうなのですが、

瞬間、

ネコちゃんは近所ネコの姿に仰天してウギャ-!と奇声を上げ、


女性の腕にガッチリと爪を立ててしまいました。


その時のネコちゃんにすがられた時の爪痕・・・・今でもクッキリと見えるほどでした。


彼女が言うは、
血がダラダラ~と流れ出て止まらないような感じだったため、腕に包帯を巻きつけて

そのままクルマに乗り病院へ行ったそうです。

・・・ネコちゃんは当然、物置に返してから・・・・。


ネコちゃんこそ、外に出ている自分が怖かったんでしょうねぇ。

そこにまた近所ネコが現れたものだからさらに興奮しちゃって女性に縋りついたんでしょう。


そのときネコちゃんの爪が、グサリ、と・・・。


痛かったでしょうよねぇ・・マジで痛かったね、あの傷跡を見れば。


ネコをびっくりさせないようにしましょう。


痛い目にあっちゃうかも。





タグ:傷跡
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコ 張り切る



昨夜から台風18号が北に向かって速度を上げていました。


こちら、北の国ですが、昨晩はとても静かな夜・・・・シ-ン・・・・とした感じでした。



少し、、、暖かいような、ちょうどよく眠れる気がするような夜でした。


ネコたちも、気分良く眠れたのか・・・みんな外へは出ないで、

家の中で眠りについていました。



・・・・真夜中に目が覚めたのですが、まだ台風はこちらに到達していない様子。


ネコたちはすでに外に出かけているようでどなたもおられません。


トイレに行き、床に着くと・・・1匹が寝室の窓から侵入してきます。


・・・・おやつを入れておいたお皿が・・カチャカチャしています。


誰の食べ方か、その音だけで分かります。


ウシワカです。


わたしたちはネコたちの皿の音鳴り、食べ方の音でどの子か分かります。


みなそれぞれ特徴があります。

間違えることは決してありません。


そうしてまた眠りに着いたのですが、間もなく怒涛の雨風で目が覚めました。


・・・・・ネコたち居る?


居ません。


大丈夫かな・・・と思っているとまた寝室の窓から飛び込んでくるのがいます。


キラです・・・・・その後・・・・チコ・・・・レオ・・・・ウシワカ・・・ハル・・・・ク-。


ずぶぬれです。


家の中が彼らの汚れで汚くなってしまうので、起きて、体毛を拭き拭きしました。


その拭き拭きがいいのか、ゴロゴロ転げまわるネコたちです。

そしてまた寝室の窓から外へ飛び出していく始末で・・・・。


何度も帰って来ては、カラダを拭き拭きされて・・・・楽しいんでしょうね。


なので・・・・


今朝からとても・・・眠いんです。


ネコたちはすっかり張り切っていたので、今はグッスリと眠りこけているみたいです。

・・・・

台風が過ぎ去るのを待って・・・自分も眠ろうかなもう一度・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

グゥに 一大事?



プチ家出常習犯ネコの、グウ。


今年の4月の春先・・・毎年の事なのですが、雪解けしてから恒例のように

家を出て行きました。


かれこれ6か月・・半年になろうかという状況であります。


このあいだまったく姿を見ることもなく、鳴き声すら聞くこともなく過ぎました。


グウは、いったいどこに潜んでいるのか・・・はたまたもしかしたらとっくにこの世に
存在していないのか?


・・・・・・


それは毎日気になっているのですが。



例年のように家を出て行くグゥですが今年は今までにない長期間になっているのです。


3か月や4か月のプチ家出、というのはあったのですが、半年は初めてです。


あり得ることは考えておかなければなりません・・・

事故、迷ってどこかへ行ってしまった、

など。


考えればキリがないのですが、とてもかわいい子なので気がかりです。


間違いなく、
わが家の近隣に潜んでいる、とこれまでの帰宅した状態からわかっているのですが、

探しきれません。


探しても探しても、見つかりません。


冬季間は、わが家で過ごして、雪が溶ければ家を出て行く。


メスネコですからそう遠方まで出て行くことはないと思っているのですけど。


状況が違うのは、

今までは家でしている期間のうちに顔を見せることが何度かあったこと・・。


それが今回の家出では、まったくないことです。


いったい、どうしているのか?もう、居ないのか?


・・・・考えられるのは・・・・

グウがこうして毎年家出をすることによって、家出慣れしてると・・・すれば、、、


もしかしたら、そんなことだとしたら長期間の家出にも慣れてきている・・・?


もし、このまま冬が訪れ、グゥの姿を見ることがなければ・・・・


その時は、


グゥと、お別れなんだと・・・・理解するしかないのかもしれません。


そんなことないよう・・・祈るだけです。


一大事ではあるのですが・・・。




タグ:一大事
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコたち 大人になった?



わが家のネコたち、・・・それぞれ6歳、8歳、10歳となり


少しは大人になったように感じています。


なによりも、
野良ネコのピ-助と、なんとか距離を保ちつつ、つかず離れず、そんなところが

大人のネコに成長したのかなぁ、などと思っています。


まだ幼く感じるのは、6歳のウシワカとチコ、でしょうか。


2匹は眠るとき、ほとんど一緒です・・・・それを見るのがまた楽しみなのですが。


・・ピー助は、ようやく汚れていた体毛が抜け落ちて新しい秋の季節の体毛が生えて
きました。


今年のピ-助のカラダは初めから汚れたままで、すごく気になっていたのです。


なにか液体のようなモノを人間にかけられたのか、・・・それほど毛色が変わって
いたんです。


ですが、
秋の気配が漂うこの季節・・・やっと元のピ-助の毛色を取り戻したようです・・・よかった。


今朝、
目が覚めて居間のサッシを開けて外の空気を取り込んでいると・・


すうぐそこに、すでにピ-助がおちゃんこしているじゃありませんか。


カミさん、ピ-助に朝ごはんをあげまして、、。


それをわが家のネコたちが、じ~っと眺めていました。


ピ-助がそこに居ることもあまり気にならなくなってきてるのか、落ち着いています。


みんな、ピ-助と仲良くしてくれればいいのです。
タグ:大人
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ご飯の 催促



メスネコのク-。


現在8歳・・・。



メスネコなのになぜか筋肉質のク-。


オスネコ顔負けのガタイ・・・・みなぎるふてぶてしさ・・・。


かつお節が大好物のク-。


ネコ缶やカリカリを食べていると、・・・それは飽きたりもすることでしょう。


しかし、
ク-ちゃんは毎日のように・・かつお節をねだりにやってくるんです。


ク-のすごいのは、
明確にねだること・・・・中途半端じゃなく、ねだる、ことです。


かつお節、と言っても、
ホ-ムセンタ-やセブンイレブンなどでもおいてる、四半身状になったかつお節。

原型を伴っている、四半身のやつです。


100円くらいなのですが、計算してみて下さい・・・100円×30日=・・・・・

これ一日に一食して、ほかにも2食当然食べるわけですね~。


ク-以外に、6匹のネコ・・・。


どうしてこうなるの?


副業したい気分にもなりますねぇ~。


だけど、
このク-ちゃんのかつお節の催促が、いいんですね~。


わたしのところへやってきて、じっとわたしの顔を見つめてきます・・・


そして、左手を前に出し、クイックイッとネコ招きのような仕草を繰り返すんです。


これは、
かつお節が食べたい~・・ってサインです。


このサインを出すときは、おいそれとは引き下がらないのが、ク-です。


呆れ果て、疲れ果てて、仕方なくそのかつお節の袋を手にするわたしを見るまで
ずっとサインを出し続けます・・・


子ネコ時代から、何をするにしても、しつこさは一流でしたが。


そうして袋からかつお節を取り出して、お皿に盛りつけて行くわたし・・・


何やってんだ??

して、
かつお節の四半身状のものを、指で細かく砕いているわたしは、飼い主。


それをサインをしながら見つめているク-。


かつお節の四半身状を砕くとき、
形がある程度一定していないと、食べ残すのが、ク-の言葉にしない抵抗です。


なので、
ク-が食べやすいように、砕き細かくしてやっている飼い主のわたし、です。


そんな細かく砕かなくても食べれるでしょ?・・・と思われるかもしれませんが、・・・



ク-は、実は前歯が無い箇所がいくつもあるんですねぇ・・

なぜ前歯が無いのか・・・いつ失くしたのかわかりません。

そのため、マジで食べやすくしてほしいんだと思われるわけです。


それを知り、
労を背負いながらかつお節の四半身状を指で砕き続けている、わたしは飼い主です。


砕き終えたとき、
かつお節が入った皿をク-の顔の前で、その匂いを鼻先に漂わせてやります。

ク-は、
カラダを360度ゆ~っくりと回転させながら・・・・可愛く食いつくんです。


あ~あ~っつと言う間に無くなってしまうかつおぶし。


また、明日も食べるんですか?ク-ちゃん。


一週間に一食にしませんかぁ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助と わが家の ネコとの関係



ピ-助は、言わずと知れた、野良ネコです。


初めてわが家の家の前で見つけたときのピ-助は、なんともいえない風貌を
していました。


おとぼけ顔、というとピ-助に失礼かな・・と思いますが。


とても気がいいネコ・・・そんな感じがしたものです。


まだあの頃は、ピ―助も2歳前後だったはずです。


顔は大きいのですが、顔の周りの模様が丸くなっていて・・・・笑ってしまうほど。


きっと、
わが家にはネコたちがたくさんいるので、気になって来ていたんでしょう。


そのうち、
わが家の年長ネコのレオと鉢合わせることがあって、レオがものすごい唸り声で

威嚇するようになりました。


レオは、
去勢しているので、ケンカが強くはないはずですが、いつしか外へ出て歩くごとに


ネコ本来の縄張り意識を見せるようになっていたのです。


そのころは何度かレオがケンカを売り、ピ-助がやられる・・・という状況でした。


しかし、情勢が変化していきます。



年々、ピ-助も外の生活の中で逞しくなっていたのですね。


その後の争いは、レオが負け続けました・・・耳を裂かれたこともありました。

爪がはがれそうにもなりました。


しかし、
ピ-助は自らケンカを売ることはなかったんです。


そのころから、今も、ピ-助はおとなしくしています。


わたしたちがご飯をあげると、待ってました、とばかりにバクバク食べますが・・・


食べ終えると、
いつの間にかどこかに姿を消します。


わが家のネコたちに迷惑をかけないように・・・自らどこかへ姿を消しているように思います。


現在、

わが家の家の周りにやってきては、ピー助はおちゃんこしながらじっとおとなしく
座っているんです。


そのまわりに・・・わが家のネコたちが、

それぞれ好きな位置に陣取って・・・じっとして座っています。


もはや、
争い事が起こる様な気配がしません。


仲良くまでいかなくても、お互いの存在を認めているようなら・・・いいんです。


そのままで。


ピ-助も、わが家のネコの存在を認め、


わが家のネコたちも、ピ-助の存在を認める・・・・


そうなのであってほしいんです。


争いは起きない、、きっと、、これからは。


大丈夫です・・おそらく・・・きっと。


ね。
タグ:関係 争い
nice!(0)  コメント(0) 

ピ-助 野良ネコの気持ち



野良ネコのピ-助・・・・。


彼がわが家の周りに姿を見せるようになってから、かれこれ7、8年・・・。


当初、

ピー助は、おそらくどこかのお宅で飼われていたネコだと思っていました。


その風情は、やはり綺麗にしていたんですね・・ですからたぶん、

飼い主さんがピ-助を可愛がっていたからこそ、綺麗な体毛でいられたんだと思います。


それと毎日現れたわけじゃなく、
何日か間をおいてわが家の周りを徘徊していました・・・毎日外で生きていれば、


カラダは汚れて体毛だってベタベタしていたでしょう。


ピ-助は現れるたび、綺麗なネコでした。



それが、いつからか、
ピ-助は・・・毎日わが家の周りに姿を見せるようになり、いつの間にか完全な野良ネコに

なったんだ・・・と認識することになります。


わが家には当時すでに5匹のネコが居ましたので、ピ-助も気になっていたのかな、
と思います。


ピ-助はオスネコです。


オスネコは徘徊が激しい時期があると言われています。

それは恋の季節。


このときオスネコは気に入ってくれるメスネコを探し、遠方まで徘徊することがある
そうです。


きっとピ-助もそんなことがあってこうして野良ネコになったのかもしれないですね。


わたしたちもオスネコを飼っていて、そんな経験をしたことがあります。

ちびりん、というオスネコ。


彼は、2年ほどわたしたちと暮らしました。

子ネコのときから一緒でしたが、可哀そうと思い去勢手術もしませんでした。


あるとき、
仕事から帰宅すると、ちびりんの姿はありませんでした・・・。


・・・・去勢していないオスネコは、いったん恋の相手を探す旅に出ると・・・

帰宅しない可能性が高い・・・のだと思えます。


ただし、

じゃぁピ-助が野良ネコになって可哀そうか?・・・と言われたら、それはわかりません。


ネコがネコらしく生きる・・・としたら、野良ネコがいちばんふさわしい生き方なのかな、、
とも言える、と思うからです。


野良ネコになり外の世界で生きていくと、たくさんの危険と隣り合わせの生活が
待っています。


自動車、人間、・・・人間の手が造り上げた造作物のもろもろの、物品がそれです。


金網フェンス、釘、テングス、空瓶、空缶、糸、、・・・ネコを傷つけるモノはいっぱい
あります。


これらを考えれば、ネコにとって野良ネコになるというのは命に係わる重要な生命線。


それでも、
野良ネコのピ-助はこれまで、7,8年も生きてきました。


野良ネコとしての危機感のある鋭い表情も持ち合わせてきました。


わが家のネコとも、
ここにきて仲たがいもせず、同じ空間でじっと座っていることも増えています。


そんなピ-助の気持ちは、いったいどんな思いなのでしょうか?


寂しくないのでしょうか・・・。


センチメンタルでしょうか・・・。


でも、
彼はいまの野良ネコとして生きているのが・・・しあわせなんだと思うのです。


彼、ピ-助こそ、自由な生き方を選んだネコなのです。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

音の源 



ネコを見ていると、音への反応の仕方が鋭すぎます。


確かに耳がいいのはわかりますが、音で理解する速さがネコにはあります。


聞きなれているいつもの音には反応も鈍いものがあるんです。


それでも
身のすぐ近くで突然の物音にはコンマの世界でド反応します。


大きな音にも咄嗟に身支度し振り向きます。


身をかがめる反応も野生性を感じさせます。


ネコを見ていて楽しいのは、やはり人間には備わっていない、動物の野生性です。


突如、
目を大きく見開き、音の源は何なのか凝視するときの緊張感あふれる姿勢にあります。


ネコたちは臆病なのですが、
音で何者なのか、何が居るのか、何か危険が迫っているのかを、瞬時に判別します。


数秒でその正体を見極めて、落ち着きを取り戻すのです。


ヒトの社会に生きている現代のネコたちは、実は不幸せなんだと、わたしは思っています。


ヒトのル-ルに適うものしか受け入れない人間ですから、


ネコにとって生きずらい社会です。


ネコにとっての、音とは命に係わる重要なものなんだと思います。


ですから、
もし耳に何か障害があるようなネコであれば、それは死に直結することになります。


ネコは自分で治療することはありませんし、


飼い主が病気だとわかってくれなければ、回復することもありません。


野良ネコなら、・・・・おそらくいつか死に至ることになります。


なので、

野良ネコでも、今日食べる必要があるようなら、わたしたちはご飯を与えます。


彼らが、
今日を懸命に生きてくれるのを祈るしかないのですから。


1匹狼とは、・・・・すべての音源に耳をそばだてて判断し生きている、・・・


野良ネコなのではないでしょうか・・・。


野良ネコは、すごいですよぉ。
タグ:音源
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコ グルメ



ネコのメシ代・・・・



買わなきゃいいんだけど、買っちゃうし。


うちのネコには、ネズミを捕食している子もいるんですが、それでもネコ缶やカリカリを
食べるのは、どうしてなのかなぁ?



メスネコのク-、オスネコのウシワカ、。


この2匹は完全にネズミを捕食しています。



困るのは、家の中に持参してからお食べになったりすることがある、ことです。


そういった痕跡がたびたび、目に入ることがあります。


これ、困るでしょ。

困るんですよね・・・・ただ、ネコとこうして暮らしている以上、あり得ることだと
いうことなわけですね。


困るんだけど、
ネコたちの習性と言うか、昔ながらの食物なわけであって、彼らが悪いとかじゃない。


飼っているわたしたちの目にそういった状況痕跡があるのを見てしまうのがイヤなんです。


ただし、
避けては通れないことなわけで、ネコといる以上、そういうことがあるって決まってしまっているわけです。


時にはスズメも捕獲してくるのですが、これは食べません。


さすがにスズメは可哀そうなのですが、もうどうしようもないのですね、これって。


食べないけど、狩りをするのですから。


これまで、わが家のネコが捕獲したものは、



カエル、スズメ、ヘビ、山鳩、ネズミ、ハエ、蚊、蝶々、トンボ、モグラ、カマキリ、コウモリ


以上なのですが・・・。



これみんな捕食したら、グルメなのでしょうかねぇ?


実際は食べませんから。


ネズミだけです、捕食するの。



ネズミも、野ネズミですね。


なので、

彼らが外に出ているときは、よく観察しながら、もし何か獲物を捕獲しているなら

咄嗟にすべてのドアや窓を閉め切るのであります。


わが家の家の中に、そこまでのグルメは必要ないからです。


ネコたちが、
もし、


あいつらにも何か食べさせなきゃ・・・なんて思って捕獲してくるのであれば・・・


いつか、とことん話し合って、ネコたちにわかってもらおうかな・・・

などと夢のようなことを考えてみたりするんです。


わが家のネコには、

外グルメ、と、家グルメ、が、いるんです。









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコの メシ代



・・・・といいながら・・

ついさっきカミさんと買い物し・・・すでに3千円のネコメシを購入!


なんてこと!


さらには、買い物に出る前に、野良ネコのピ-助が現れたので、わが家のネコが、

食べ残していたご飯をかき集めピ-助に提供。



バックバックばっくバック、と食っていました。



そう、俺らも考えないとまずいよねぇ・・・・経済的になるように、


なんとかしなきゃ~ネ。


ネコのメシ代、ばかになりませんって。



ですが、これがかわいいもんですから、ついつい買いすぎちゃうんだよ~。


あとかたずけするピ-助も来るもんですからぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコと 俺の メシ代


家に、7匹のネコ。


ずいぶんと増えてしまったわけですが・・・。


この頃、
特にネコのメシ代が気になっているわけです。


7匹もいると、

〇〇〇〇〇円、とかすぐに越えちゃって、ます。


それって、
7匹が同じご飯を食べることが少ない、ということが大きな原因なのですが・・。


みんな好みがあって、違うエサを出すと、顔をプイッとそむけてしまうのです。

まずその後、食べることをしませんから。


ウシワカとキラに関しては、
出された気に入らないご飯を、後ろ側へ蹴りはねています・・・・ふざけんな。


よほど気に入らないのか、ほかの子はこんなことしませんよ。


実際そんな仕草をして食べたためしがありませんし。


メシ代、返せ、みたいな・・・。


事実、
わが家の人間である俺とカミさんのメシ代のほうが・・・・とても安いし。


たまにコンビニでネコ用のエサを購入すると、

・お客さんの食べ物よりネコちゃんの食べ物が多いですね~・

なんてこと言われちゃって・・・笑うしかないんですよね。


ふざけんなよ。


俺のメシ・・・・もっとよかったはずなんだけどねぇ・・いつのまにか旨いのが減ってる。


ネコグルメになってしまったのか?

これ以上続くと怖いのもあって、手作りご飯を模索中なんですねぇ~。


ネコたちは、

経済に関心ありませんから。

関心があるのは、動くモノや、空中を飛ぶモノ。


あと、1匹狼の 野良ネコ、だよ。


ふざけんなぁ・・・だけど、


可愛くて、たまらんのですゥ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

なぜ ネコが好き?




どうして、どうしてネコが好きなんでしょうかねぇ?


なぜでしょう?



あの、ネコのしなやかさが、わたしは好きなんです・・・。


あの、
気まぐれな動作が好きなんです。


眠い時に、あの小さな前脚で顔を覆う仕草が大好きなんです。


いつも一緒に居るのに、

どこか他人行儀なところが、大好きなんです。


・・・・どうしてなんでしょうね?


自分でも不思議です。


ネコも性格がいっぱいあるんですが、どの子も憎めません・・・本当に愛らしいです。


野良ネコでさえ、なんとも言えない味がありまして、家の周りに潜んでることも
居心地がいいものです。


なぜなんでしょうか?


ネコは実はとても臆病です・・・・意外な音には過剰に反応してしまいます。

ましてや、
飼い主が怒ったり怒鳴ったりケンカなんかしたら、その場から姿が消えてしまいます。


そういったところも、なにか人間にちかいものが見えるんです。


わたしが眠るとき、
ネコが一緒に眠ってくれないと、落ち着きません。


ネコたちがゆったりやすんでくれている姿を見ると、それで心地よく安眠してしまいます。


ネコたちはそこに居るだけで、わたしのやすらぎの里、と言えるんです。


すばらしいネコ。
タグ:好き
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

どしゃぶり豪雨



今朝がた、突如雷鳴轟いてあっという間のどしゃぶり、です。


豪雨です。


カミナリはすぐそこにいるような音響を響かせて、紫明の目覚めでした。


まだ寝床にいたのですが、あまりの音と光にもう寝ていられなかったです。


コ-ヒ-を入れていて、ふと気が付きました・・・・ネコたちが、居ない。


いきなりのカミナリと怒涛の雨に外にいながらも帰ってこれないでいる?


・・・・


雨がやめば帰ってくるさ・・・・

そう思いながらコ-ヒ-を啜っていると、居間のサッシの窓に映る、キラの姿です。


この土砂降りの中を家の方向に向かってきています。


雨はどんどん強くなっているのですでにキラは濡れネズミです。

どうやらわたしのクルマの下側に潜り込んで一旦雨宿り。


帰りやすいよう、わたしは玄関の扉を90度にして開いてやりました。


すると、


クルマの下側から、チコが一気に吹っ飛んできました・・・なんとかその姿は
少しの雨でしかありません。


今度はウシワカが飛び出して家の中めがけて走ってきました。


ウシワカはクルマの下に避難する前によほど雨にさらされたのか、びしょびしょ。


次はハルがヨタヨタと、もう出遅れました、という感じで飛び込んできます。


このとき、
家の中に居たのは、ク-ちゃん・・と・・レオだけです。


どしゃぶり豪雨のときは、クルマの下が避難場所に最適だ、とわかっているみたい。


雨は1,2時間ほどでやみました。



すでにネコたちはスヤスヤと寝息をたてながら眠りについています。


お日様もほどよく顔を出してきました・・・・そこへ野良ネコのピ-助が顔を出します。


ピ-助もカミナリと雨で多少濡れているみたいです。


あ、ご飯かい。


ご飯食べに来たのかい、ピ-ちゃん。


カミさんがピー助にご飯をあげますと・・・ハルが今度は起きてきて、ニャ~ニャ~ニャ~


鳴くわけです。


ピー助が居るよ、ってハルはいつも教えてくれますから。


雨上がり、ピ-助はご飯を食べ、裏のお宅の庭先で日向ぼっこを始めたのであります。


照り返してくると、その場から姿を消すピ-助です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

チコとキラ 危険

ウシワカとキラはオスネコで、チコはメスネコ、です。


3兄妹です。


元々は5兄妹でしたが・・・。


ウシワカはとても頭の良い優れたネコ・・・で、。

ネコって前脚を使ってドアなんか開けちゃいますが、引き戸はどうでしょうか?

引き戸を開けるネコってそんなに多くはいないんじゃないでしょうか・・。


ウシワカはわが家の高さ2メ-トルある引き戸を開けてしまいます。
これ、両引き戸ですから・・・。引き扉2枚、両引き戸つーことです。

その開け方・・・


床にカ-ペットを敷いてますが、

このカ-ペットを両引き戸の召し合わせ部の隙間から引き出して、引き出したカ-ペットに
自らが巻き込まれるようにしながら回転するんですねぇ。


すると、どうなるか?


捩じられて捩じられてカ-ペットがぐるぐる巻き状態になっていきます。

するとさらには、
カ-ペットは巻かれていくので太くなりますね・・・・さて太くなるとどういった現象が起こるか?

捩じられて太くなったカ-ペット。

太くなった部分が引き戸の下側で、もっと捩じられ太くなりどんどん引き戸を下側から
押し上げるんです。


結果、
引き戸はスルスル-と左右に押し分けられていくんですねぇ。

その光景をわたしはこの目で初めて見たとき、


・・・・真夜中だったものですからびっくり仰天しました。

引き戸の向こう側の部屋にはカ-ペットに噛り付いてるウシワカが、もんどりうつように
ひっくり返っているじゃぁありませんか。


なんという賢さ。

これがウシワカなのであります。


ウシワカの妙技はほかにも多々あるので、また紹介しようと思っていますが・・。


さて、
そのウシワカの兄妹のキラとチコ。

この2匹は、非常に気が強すぎます。


簡単に手を出すものなら、引っ搔かれてしまいます。


気分が乗っていないときなどが、そういった行動に出るんだと思いますが・・・。

本気で怒ってるのか怖くて手を出せないことが多いんです。


遊びならいいのですが、マジなら爪で皮膚をキズつけられ血があふれてしまいます。

いつも2匹には気をつけているわたしなんです。


アタマナデナデ・・・・これをするときは特に要注意です。


どうやらアタマを撫でられるのはもともとがイヤみたいなんですね。


でも、
ウシワカなんてそんなことないですから。


2匹のキラとチコは、危ない2匹なんですよ~。
タグ:危険
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
前の30件 | -