So-net無料ブログ作成

ネコの 気持ちに なれば


7匹のネコが一緒に暮らしていると、毎時間毎分その姿が目につきます。


そうなんです、イヤでも目につくんですねぇ。


もう見たくない、なんてことはないのですが、・・そんな意味ではすでに家族なんです。


何かとこちらから声をかけるようにしていますが、

おはよ、とか、何か言ってますか?何?

ご飯ですか?遊びに行きたいの?、なんて。


声をかけると、そのうちに返事をしている様子まで見える気がしてくるんです。

たしかにネコって、ついさっきまでここで遊んでいたかと思えば、
プイッとどこかへ行ってしまい姿を消してしまいます。

飼い主のことなんて考えていませんし、気まぐれと言えばきまぐれで、

勝手と言えば勝手。


でも、ネコの気持ちに沿うと、
ヒトも同じように気まぐれで勝手ですよね~・・・まさにネコとそっくりなのが実は人間。


そう思えるようになってから、できるだけネコの気持ちを汲んでみたい・・
そう思うようになってきました。

夏の暑さに参っているときのネコのこともよくわかるようになりました。

人間を見ているのと変わらないんです・・・ネコだって辛いときがあるんですね。

病気、ケガなど、人間でなければ治せないことがいっぱいあります。

ネコの病気やケガはヒトが関わらなければ治すことが不可能になってしまいます。


そんな病気をしたりケガを負ったりしたとき、ネコは自分から助けを求めてそばに
寄ってきます。


ちょっとでもそばに寄ってきたら、なにか変化がないかネコの様子を表情から、
身体的にも観察します。

そう、ネコの気持ちになって。

それはヒトが人の気持ちになるのと同じなんです。

そうしてネコがヒトを信用してくれるようになるのだと感じています。

いつもと違う行動をしたり、いつもと違う鳴き声をしたり、仕草がちょっと変かなぁ、

少しの変化を見逃さないためには、
ネコの気持ちになってみていることがとても大切です。


人間は人間を助けてやれますし、それはヒトとしてあたりまえなのですが。


ネコごときを助けてやれるか?

ですが、

ネコごときを助けてやれない人間がほかの人間を助けてやることができるのでしょうか?


クルマで速度超過で暴走、よくあるネコの交通事故。

ネコだから、いいや、そう思う心の奥の貧しさ。

そういう人間でいたくないです・・・わたしは。


ネコたちはヒトの言葉を話せませんから、くみ取ってあげる人間の器量が大事です。


自分はできるだけそうなりたいなぁ、と思いながら7匹と日々暮らしています。


なかなか良い子に育ってくれて、今は心配するのも少なくなりました。


ネコたちが遊んでいてもどうしているかこの目で確認したくなります。


また、年長のネコがだんだんと年老いていくのも目につくようになりますが、
まだまだ元気でいてほしいですから、

一緒に野原に散歩に行くようにしているんです。


ゾロゾロと7匹がついて歩くのはちょっと近所に恥ずかしさもありのですが、
なにしろみんな可愛いので・・・・。


その恥ずかしさは、なんとかガマンしています。

ただ、散歩するのも、ネコの気持ちを察すれば、きっと一緒に散歩したかったんだなぁ、
と、

わかるようになりました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0