So-net無料ブログ作成
検索選択

元気だったか? ピ-助




昨夜、夜遅くのこと・・・・



何気に目が覚めたわたし・・・・すぐには眠れず外へ出てたばこで一服・・。

ふと気がついたのは、
5歳になるメスネコのク-ちゃんが外に置いてあるダンボ-ル箱の中で休んでいた姿。


まもなく、3歳のオスネコのキラとウシワカがわたしのそばへどこからともなくやってきた。


ホント、真夜中にこの子たちはどこを徘徊しているか、わかったものじゃない。
ただ、喜々として野生の血が騒いでいるらしいことはどことなく見ればわかるのだ。


目はキラキラとして、動きは真昼よりも数倍素早い。

ネコのこの運動神経が、わたしもあればきっとオリンピック代表になれたかもなぁ・・・。
(まさか・・・)


そこへまた7歳になるメスネコのハルが現れて・・・ニャ~とひと鳴き。

瞬間、ハルの目つきが変わり、ある方向を凝視した・・・・・・???なに?何か居る?


家の前の川・・・その土手の草むらから闇夜に光る2個の光。
ス-ッと道路まで移動してくるが、真っ暗で姿が捉えきれない・・・。


グ-ちゃんか?


いや違うようだ。

動きが違うし、グ-ならもう鳴き声を発生するだろう・


またその目の光は移動してお隣の家の近くまで進んでいった・・・・そしてジッとして
こちらへ目を向けている。


その目の光の相手をゆっくりと地を這うように身を低くして伺うハル。

逃げないし、唸らないのは、もともと相手と接触があるからなのか?
相手の方もまったく唸らないし、逃げない・・・・。


まだジッとその場所に座っている。


家の中へ戻って照明を持参し、その目の光の相手に照射すると・・・・


その姿は、ピ-助じゃありませんか。

もう春先から姿を見ていなかったピ-助が夏が終盤になってからその元気な姿を
見せてくれた。


気にしていたんだ・・・どこかへ行ってしまったのか、死んじゃったのか?と。

でも、その元気な姿は依然とまったく変化なく丈夫そうだ。


ネコって簡単に死なないよな・・・自分のチカラだけで生きていけるノラネコのピ-。
凄いな、ピ-。


おまえの姿を初めて見たときから、5年は過ぎているぞ・・・ノラネコの寿命が短いなんて
ウソじゃないんだろうか?
ピ-はおそらくもう6歳か7歳なはず。


はじめは首輪なんかつけていたんだけど・・いつのまにか首輪もなくなって家の周りを
徘徊するようになったピ-。


でも、あっちこっち行きながら生きているらしいから、しばらくこうして目にしない時期も
出てくるんだよな。


ピ-が家の裏側に移動しようとしたら、わが家のネコたちも一斉にピ-を追う。


・・・・習性だな・・・・ピ-もわが家のネコたちもその姿が見えなくなって・・・・
どこまで追いつ追われつ走るのか。


朝までは帰ってくるんだぞ。


ピ-・・・明日もう一度おいで・・・・ご飯を用意しておくからな。






タグ:目の光
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

宮沢りえ と ネコ



真夜中に、珍しくテレビ番組を見ました。


・ヨルタモリ・



初めて見たのですが、バ-のママが宮沢りえでありました。
タモリの番組なのですが、久しぶりに見た、宮沢りえさまに、目を惹かれた
次第です。


で、、、

番組の後半も最後のほうになると、
いつのまにか宮沢りえの膝に、三毛猫らしきネコちゃんが、おちゃんこしてます。


これがこれが、わが家にいたミケにそっくりだったのでビックリ。

毛色からなにからクリソツでした。


違ったのは穏やかさでしょうか・・・。


わが家のミケは交通事故に遭い亡くなってしまいましたが・・・・ミケはとてもやんちゃな
メスネコちゃんで、


走ってキョロキョロ、止まってキョロキョロ、隠れてキョロキョロ。

目が大きくていつでもビックリ顔の可愛いネコでした。


番組の中のネコちゃんはとても穏やかそうな表情で、宮沢りえの膝でおとなしく
座っています。


雰囲気だけ、が違ってはいましたが、
今はもういないわが家のミケを思い出してしまったほどその姿が似ていました。


宮沢りえさんも、ネコ好きなのかなぁ?

番組を初めて見たので流れがわかりません・・・でもネコが好きみたいに拝見した
次第であります。


少し見た感じも変化した宮沢りえさんでしょうか。


親近感を感じた番組でしたから真夜中には見れませんが、今後は録画して
おこうと思いました。


なかなか面白い番組だと思います・・・ネコは定番で番組を取り持っているのかな?


そりゃぁ、タレントネコなのでしょうけれど、
それでも可愛らしさはわが家のネコと変わりませんからね~・・・可愛い。


なんていう名前なんだろう?


気になっています・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

いつかの 夢



ネコたちを見ていると、それはそれは自然が似合っているのです。


わが家のような市街地でも郊外なのに、それでもネコを飼うことで
ご近所ではなにかとネコの仕業を注目しているものです。


ネコは規則では縛れない、遺伝子があって、
外へ自由奔放に出歩く性質を持っていますが、近年ではそのことを許されない
こととする意見を堂々と話す方がいらっしゃるようです。


そのことは、人間だけが自由であるように言っており、
動物の基本的なそれぞれの性質には理解を持とうとしていません。

よって、飼うその人間さえも、敵のように注視しているように思えてくるのです。


わたしは、ネコが一緒にいてくれるととても心が落ち着いています。

ただそこに眠っているだけのネコは、安らかな寝顔で自然体のまま眠ります。


その表情はなごやかで、落ち着いています。


困ることも多くあります・・・・食べるわけでもないのに、小鳥やネズミなどを
捕獲しては持参してきます。


これはとても困るところですが、ネコにとっては日々必要な行動であるのだと。


・・・・たばこを吸う喫煙者は、どんどん喫煙の場を公共のところから追いやられています。

ネコも同じように冷遇されてきているのではないでしょうか?


たばこは人工的に人間の嗜好物として必要とされて製造されていますが、
無ければ無くたっていいわけです。


ネコは、大昔から存在してきた動物です・・・そして人間はそのネコの持つ能力を
大事に扱ってきていたわけで、

今となっては忘れ去られた産物と同じような状況になっているのではないか・・
大げさですがそんなことを考えたりしてしまうのです。


自然に人間と共同生活できる動物・・・・それはネコだけではないでしょうか?


ほかに自然体で人間と付き合い生活できる動物って・・・いるのでしょうか?


ここがポイント。


・・・・大きな大げさな問題提起などではなくて、


いつか、ひと山購入してネコたちを連れて山で暮らしてみたくなっています。

自然の中で優雅に元気に、好きなように生活させてあげたいなぁ・・・
そう思っています。


いつかの、夢ですが・・・・。


小さなこの、ネコ1匹の命を見守ってあげれるヒトになってあげたいなぁ・・・。


わたしが眠っているところへ静かに歩み寄り、一緒に眠ってくれるネコたち。
薄目をあけて確認すると、

わたしの目と焦点を合わせ、毛ずくろいをしながら、少しずつゆっくりと
眠りにつくネコたち。


それでいながら時に野生の姿をまざまざと見せつけてくれるネコたち・・・。


わたしの心を捕まえてしまったなんとも言えない、いちばん愛おしい動物・・・


7匹おります。

な、、、

いつか一緒に山籠もりしようぜ、な。


きっと今よりももっと野生的になって、美しい姿を見せてくれるでしょう。


この夢は、ぜひ叶えたいと、考えるようになりました。

タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ダンボ-ル箱の 怪




夏ももうちょっとで過ぎ去ろうとしています。


近年、4、5年にわたり暑い夏が続いていますが、もう少しの辛抱でしょう。


わが家のネコたちも大変厳しい暑さにヘタリ気味でしたが、
ここ2、3日は昼も少し動き回るようになってきました。


暑い日は、家の中でジッと眠り続けて暑さをやり過ごしていた7匹。

やっとしのげる程度の暑さに変化したことをカラダがわかっているようですね。


先日、新しいパソコンを購入してきました・・・・
これまで使用していたパソコンがXPなので変えたいと考えておりましたが、

ようやく動くことになったわけです。


やはりメ-カ-のデザインパソコンはダメだなぁ、、、いつも使いながら不満足
だったので、、なんか買い替えて安心しました。


そのパソコンの入っていたダンボ-ル箱を捨てようと思っていたら、
すぐにレオ様が箱の中にお入りになりまして・・・・


出てきません。

結構な大きさのダンボ-ル箱ですから家の中にあるとジャマ。

しかしレオが箱の中に入ったまま・・・出てこないのであります・・・出ておいで。

言っても、反応すらなく・・・しかたがないのでしばらく放っておきました。
2時間ほど経過して、


ダンボ-ル箱のフタをそっと開いてみると、
安心したようにすっかり眠っているレオの顔です・・・気に入ってしまったようで。


はて、困りましたが。


これだけ気に入ってるのなら、レオのベッド代わりにいいのかも?・・・・

そう考えそのまま家になかに在庫として残ったダンボ-ル箱。


そうとわかっていながらも、
気にもしないでダンボ-ル箱のそばを通るときがあるんですが・・・

突然その箱の中からレオだけじゃなく、わが家のネコたちがビョ~ンと箱から
飛び出してくることが頻発。


ドキッ、とするその瞬間。


あざわらうかのように軽やかな足取りで家の中の部屋を速足で動き回る7匹。


夜にこういったことが起きるとお昼の倍以上の、ドッキリなわけでして。


・・・・ただ、ネコたちにはとても安心できる空間らしいため、現在は日々入れ替わり
立ち替わりで7匹が入居を繰り返している状況です。


真夜中、トイレに起きた時など、箱が動いたり、箱のズレル音を聞いたりするため、
ハッと目が覚めてしまうわけであります。


ネコは脅かしているわけじゃないのですが、われわれ人間は驚きます。


真夜中の、怪。


ネコとダンボ-ル、なのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

名前を 呼べば・・・・



ネコを飼われている方なら、ネコが自分の自由にならない
動物だということはよ~く理解していることでしょう。


犬であれば、指示待ちする動物なので自分の指示どおりに動いてくれる
犬に対して、なんとも言えぬ飼い主のプライドをくすぐる部分があるはずです。


・・・・ネコにはそういった指示待ちや、ヒトのプライドをくすぐるような部分は
ありません・・・というか、無いと思っています。


でも、
わたしが常に感じていることが、ひとつだけあります。


どうってこともないことなのですが、わが家のネコ7匹にはそれぞれ命名した名前、
が、あるわけでして・・・・。


ひとつだけ、ネコたちがわたしの飼い主としてのプライドをコチョコチョくすぐって
くれるのが、このそれぞれの名前なのです。


たいしたこともないことなのですが、でも、すごいかな、、、なんて思ったりして
いる毎日なのです。


外へ出て歩くわが家の7匹は、外へ出ればどこに居るのかさっぱりわかりません。
積み木ジャングルで遊んでいるのか・・はたまた近所の家のまわりを徘徊して
遊んでいるのか・・・


目に見えない状況になってしまうので確かめようがありません。


ちょっと心配になってときには名前を呼ぶことがあります・・・・

・ウシワカ~おいで~・とか

・レオ~おいで~・とか、、、、基本的に1匹の名前を呼ぶことで、ネコは耳が良い
からわたしの声だとわかるかな・・そう思っているだけのことなのですが。


わたしの声だとわかって、、間もなく姿を現してくれるネコもいますが・・・・
名前を呼ばれた当人(当猫)は姿をみせないことはあたりまえの様子であります。


名前のネコとはちがうネコが姿を見せることはまたこれもよくある光景でして。


だけれど・・・・何匹かいるんですね・・・名前を呼ばれてそのとおり名前の当人が
わたしの目の前に姿を見せる・・・・ネコが。


その子は、まず、筆頭で、ウシワカであります。

家の前に出て、・ウシ-ウシ-・そう呼ぶと・・・・数分後に・・・
・呼んだ?・


てな顔をしながらヒョッコリと斜め横から顔を出すようにして現れるのであります。
なんか恥ずかしそうにも見えるのはわたしの気のせいでしょうかぁ・・・。

ウシワカはこうして何度もわたしの呼び声に反応してくれています。

不思議なのはほかの子の名前を呼んでもウシワカが現れることが無いってこと。
これまで一度もなかったんです。


ウシワカ以外のネコたちは、自分の名前じゃない名前を呼んででいるのに
いそいそとわたしのそばに寄っってくることがありますが。


ただこれは、わたしの声には反応しているということであるので、そこそこまで
プライドをコチョぐらいはしてくれます。


ウシワカの場合は、とてつもなくプライドを高揚させてもらえます・・・なんといっても
数分で現れてくれるからですね。

わたしがウシワカの名前を呼んだことを、わたし自身が忘却する前に姿を見せて
くれている・・・


そんなウシワカに、ついつい、・ウシってアタマイイなぁ・
なんて言いながら特別に可愛がってしまう自分が末恐ろしい気がしている今日
この頃なのであります。


タグ:名前 呼ぶ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット