So-net無料ブログ作成

モモの 逆立ち歩き



昨日の晩、テレビでネコちゃんや犬ちゃんの特集番組を見てしまいました。



・・・・・

・・・・・・前にもテレビで見たことがあったネコのモモ。

なんて、かいがいしいネコだろうか。


おそらく産まれたときから後足が障害だったのだろう・・・・そのモモが逆立ちして歩き
飼い主が帰ると一足飛びにお出迎えに・・・・。


感動でした。


涙が出るのを堪えてました。


飼い主はまだ若い青年ですが、この青年もどこかいまどきの若い青年とはどこか違う感じ。


仕事帰りに見つけそのまま自宅に連れて帰った、・・・モモは捨てられていたんだろう。


モモを見つけて抱きかかえると、すぐに後ろ足の異変に気がついたという。
それでも家に連れて帰りモモを育ててきた青年。


簡単にできることではないでしょう。


・・・・モモは飼い主の青年に恩を抱いている、としか思えませんでした。

必死に逆立ち歩きをして青年を迎えに出るモモ。


青年の仕事場が前より遠くなったことから、一緒に居る時間が減っていることも理解して
いるみたいでした。


甘え方が尋常ではありません。


布団で眠る青年の顔そのそばで一緒に眠るモモ・・・・。

しあわせいっぱいって感じでの添い寝です。


あぁ、なんというモモ。


なんという青年。


わたしは涙が出てどうしようもなかったのでした。


モモ、頑張ってきたなぁ。

青年に拾われて、本当に良かったなぁ。
タグ:モモ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おてんば チコ



メスネコのチコ。


オスネコのウシワカとキラとの兄妹です。


なので、とてもおてんばに育っております・・・・いつも一緒なのがオスネコなので
やはり男勝りになるのでしょう。

ケンカ、というよりネコたちの世界では戯れている、ようなものなのでしょうが、
傍目にはものすごい形相に見えていて


これ以上ほっとくとケガでもするんじゃないか?などと静止することもあるほど激しい
のです。

ネコはあの手の爪が大きな武器ですから、ましてこの手を上手に扱うことができる
のが、ネコ。


まるで人間のような手つきで相手をパンチやらネコだましのように揺らしたりして
器用だなぁ、なんて思ってしまいます。

チコはあまり鳴かないネコなのですが、
ときにク~ンと小さく鳴くことがあります・・・・これはチコ特有の遊んで~、なのです。

カラダも小さくてとても愛らしいチコですが、
兄妹でのケンカでは負けていられない状況になります。

ネコの縄張り争いの一端を見るようですが、家の中に居ても、この縄張り争いは起きます。


たとえ兄弟でも、あるのですね。


そんなときカラダが小さくて必死の形相で兄や弟に立ち向かうチコを見ると
助けてあげたくなってしまいます。


・・・・動物の世界に人間が入り込んではあまり良くないと思いつつ。

できるだけ堪えてはいるのですが、どうしてもチコがケガするのではないか?
そう思ってしまうのです。


ケガするようなことはないのでしょうが。
だって兄弟ですから。


今日も何度もケンカのような争いをして、、、これ、遊びの一種なのだとは思うのですが。


あまり男勝りがすぎないことを祈るしかないのかな・・・?
タグ:おてんば
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助の 春



ようやく、春がやってきたような気がするこのごろです。


・・・実はこの冬、あの野良ネコのピ-助の姿をみかけることがありませんでした。

いつもの冬は何日かごとにわが家に脚を運びご飯などを食べて帰っていたのですが、
この冬は一度も姿を見なかったのです。


野良ネコですからいつどこで何かが起こって命を落としたりすることもままあるはず。

そんなことを考えたりしていた一冬でした。


ところが先日、夜の7時くらいにわが家のネコたちが一様に外の気配に反応したのです。


レオは異常に興奮して家の中をあちらこちらと動き回ります。

ほかのネコたちは居間のサッシのところからずっと外の様子を見はっています。


カミさんが外に出て、避難箱の中を確認すると、
そこには元気そうなピ-助が座って隠れていました。


さっそくご飯をお皿に盛りつけてピ-助に与えました。


10分ほどして避難箱の中を見てみると、お皿は綺麗にたいらげられていて、すでに
ピ-の姿は消えていました。


ピ-助はこうしてご飯を食べ終えるとわが家の敷地からすぐにいなくなるのです。
縄張りを荒らさないよう、気配りをしているのではないでしょうか。


その後、わが家の7匹のネコたちを外へ出し、家の周りの確認をさせます。
そうしないと縄張り意識が強いネコなのでフラストレ-ションが溜まるのです。

外へ出して気分を変えてもらわないといけません。

もうピーはいませんから安心です。


あれからピ-助は毎日のようにやってきてご飯を食べて帰って行きます。

まったくもって優し気な顔をした野良ネコですが、最近は顔つきも野良ネコらしく
堂々としてきました。


この冬、姿を見ていなかったので心配しましたが元気で生きていたのです。


たまにこれからもわが家に遊びにきてくれたらそれでよいのであります。


桜はまだもう少し先ですが、なにかピ-の命を思うと幸せな気持ちになれたので
今年は桜が咲くのを楽しみにしています。

タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット