So-net無料ブログ作成

溺れた カラス




まとまった雨が、やっと降りました。


明日もこの雨、どうやら続くとのこと、すがしい気がするだけでも
助かるこの夏です。


インターネットの動画で、とある動物園での出来事を見てしまいました。

動画などはあまり見ないのですが、ついそのタイトルに惹かれて
しまい、観賞することに・・・。


どこの動物園なのか、また、これって日本の動物園なのかも、わかりません。


それでも、夏なのでしょう・・・クマのいるそばには水遊びができるプール
もありました。


このプールの中で、
黒いものがなにやらもがいている様子が見えます。


カラスでした・・・なんとカラスが溺れて羽をバタつかせて必死にもがいている
場面が映し出されています。


暑さにバテて水に落下してしまったのでしょうか・・・カラスの胴体は完全に
水に浸かっているようです。

いくら両翼を羽ばたかせても水の中なので、飛び立つことができないでいます。


そうしながら、プールの淵までたどり着いたカラスですが、
プールの淵は垂直に壁が立ち上がっているので、ここからは上がることが
できません。


・・・・それでもなんとか陸にあがろうと羽を羽ばたかせるカラス。


このままじゃ、ホントに溺れてしまうんじゃ・・・?

その時、一頭のクマ(おそらくヒグマです。)が参上しました。


クマは、下の方に見える水の中に片手を伸ばしました・・・そして・・・
伸ばした片手ですくい取るように、


カラスを水の中から陸に救出したのです・・・・すごい場面です。

カラスをすくい上げた直後、クマは、口を使い、カラスの羽の先の方を
咥えて、陸に陸揚げします。


助け出されたカラスは、仰向けに天を仰いだようにしてグッタリです。

少しのあいだ、身動きしなかったカラス・・・・クマを見つつ、
カラダを入れ替えていつもの状態に戻りました。


クマが咥えた羽もケガはなさそうです。


元の状態にもどったカラスは、何を思ったのでしょうか。


クマに助け出され、クマの方を見ていたカラス・・・・お礼でも言いたかったのか?
こんな素晴らしい映像は、なかなか見れませんね。


動物同士での救出劇です。


人間のようにお返しもない動物の世界ですが、助けることに対しての
お礼など、あってはいけないことなんだ・・と、クマが


教えてくれました。



溺れたカラスは、ちゃんと飛んでいけたでしょうか。
あの状態なら羽が乾けばちゃんと飛べたはずです。


わが家のネコたちにも、
カラスを狩猟の相手だけにするのは、ちょっとやめといてよ・・・そう
教えてあげたい気持ちになった日でした。


今日の雨は、ネコたちにも良い気分転換になったことでしょう。


明日も雨模様ですから、ちょっとのあいだ、なんとかしのげる日が続きますこと、

嬉しいかぎりです。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0