So-net無料ブログ作成

すぐ帰る グウ



・・・・・まったく、ホントに。


わが家のプチ家出娘ネコのグウが・・・今日の午後三時過ぎ帰宅しました。


ね、、


たしかに午後から雪がちらつき始めて、今日は帰ってこないのかな?、なんて
思っているところへ、


・ガァァ~・、っていつもの特徴的な鳴き声です。


わたし帰ってきたよ~!


いっつもこうしてそのすぐわかる鳴き声を発生させて帰宅してきます。

グウは、
野良ネコではありませんから、外での生活が一年通してというのは・・・


無理。


わたしはそう考えているんです。


思う通り、こうやって雪が降れば帰ってきて、お日様がよく出ているとき
雪も解けるので当然気温も上がるわけですが・・・


そんな日があると、グウはまたもや出ていくのであります。


これ、毎年の恒例行事みたくなっていて、いとも簡単に帰宅するので・・・


わたしもなぜか、妙に安心感をもっています。


出ていけば、何処にいるのか、気にはなりますが探せません。


すぐに帰るってことは、遠くに行ってるわけじゃなさそう・・・ってことは
わかりますが。


ただ、

いつかこうしているうち、病気やケガになったりすることがあれば
わたしたちはグウを見てやることができないですよね。


それが気がかりなんです。

そこはすごくとても、気になるところです。


冬が近ずくと、
今頃グウはどこでどうしているか、なんていつもおもうわけです。


死んでしまっているんじゃないか、とか、

病気で動けなくなっているんじゃないか、とか、


グウのことを、こどもみたいに思っている自分に、驚いているわけです。


いま、グウは食べるだけ食べて・・・・眠っています。


本当に、、、かわいい子。


なんですよね。
タグ:雪チラチラ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

どこへ 行った? 行方不明ネコ



雪は小康状態・・・・。


たしかに例年も12月まではそんなに積もることはありませんが・・。


今年は11月に雪が降り、今年はかなり積もるのかなぁ、なんて思いました。


でもいま、ほぼ雪はありませんから。


そのせいでしょうか・・?

あの野良ネコのピ-助の姿が消えました。


わが家の物置小屋にダンボ-ル箱をセットして、ピ-助が暖まって居れるように
した、いわば隠れ家。


そこにピ-助はもういません。

昨日は気温が上昇し12度でした。


朝方にはピ-助の姿を垣間見れたのですが、、いつのまにか夕刻には影も形も
みえなくなりました。


体調が戻って、さらに気温も上がったので元の居場所に移動したのかもしれないです。


ご飯も食べに来ていません。


それと、わが家のプチ家出娘のグウちゃんも昨夜から姿をくらましました。


今朝は冷え込みましたが、昨晩はさほど寒くはなかったからかなぁ・・・。


いずれ、この2匹は今日現在わが家のまわりには居ません。


いったいどこ行ったのか?


毎度のことながら思案しています。


ただ、野良ネコのピ-助に関しては、野良ネコなので、これでいいのかなぁ・・

などと思えたりします。


彼、ピ-助にとってエサを与えられる状況というのは、野良ネコではなくなる

可能性があるからです。


ネコ・・・その中での野良ネコ、とは・・・そういうものなんだと思います。

可哀そうに思えたりしますが、実のところ人間はネコの心の中までは知りえません。


こうして、一宿一飯を与えられ続けているうち、、


もしかずると、ピ-助の自由な野良ネコ生活は壊滅するのではないでしょうか?


そうなれば、
元は飼いネコだったはずのピ-助も、野良ネコになった意味がありません。


きっとどこまでも野良ネコとして生きていくことになるのが、野良ネコだと
思うのです。


・・・グウが、ピ-助と同じテリトリ-に居るのだとしたら、

それはとても心強いことなのだと思います。


2匹は、本当にそういう関係なのかなぁ・

それでも、

これから本格的な雪が積もる季節になるわけで・・そうなったときは


2匹とも、わが家に暖をとって過ごせばいいですよ。


グウは雪が積もれば必ず帰宅しますから。


ピ-助も、危険があるのならここへ戻ればいいんです。


外で一年、いえ、その一生のほとんどを暮らす野良ネコ、、、すごいですよ。


わたしは、そんな野良ネコが愛おしくさえ思えてきます。


今年の冬も、ピ-助は頑張りますから。


一時の、行方不明ネコ・・・ちゃん。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

隠れ家 移動



ピ-助の居場所を、変更しました。


昨晩、ピ-助が入っているダンボ-ル箱をそのまま静かに物置小屋に移動。


物置小屋にある床から90センチくらいの高さの冷蔵庫の上にそのままセット。


運んで歩いているなか、ピ-助は鳴くこともなく静かにしていました。


物置小屋の引き扉は一部出入りできるように半開放状態にしておきました。


わが家のネコたちが、ここに確認しにやってくると思いますが、きっと大丈夫。


ケンカはしないと思っているのですが・・・・。


ここなら冬の寒さも、玄関先よりしのげるでしょう。


春になるまでここで過ごすといいです・・・それ以降も住んでていいのですが。


ピ-助は、
本当に静かな野良ネコなので、心配はしていないのですが、

わが家のネコの方がなんとなく心配です。


見ていてわかることは、わが家のネコのように去勢手術や避妊手術をしているネコは、

していないネコには匂いなどでわかるんだと思います。


ある意味では、そんなわが家のネコたちは、
ピ-助に、なめられている可能性があるはずです。


よくわからないわが家のネコの方がケンカなどしかけやすいのではないかなぁ・・

なんておもうわけです。


これまで、ピ-助とケンカしたのはわが家のレオ、10歳です。

かなり激しいケンカをしかけ、当初は勝利したレオなのですが・・・その後、・・・


何度か目の対決で、耳を切られ足元は挫き、足を引きずってあるくくらい
ひどい負傷を負ったことがりました。


で、その後からレオはピ-助とケンカしなくなりました。


認めて、その存在を目で確かめているような状況ですね。


だからといって、ピ-助は図々しく家の周りに出没しわが家のネコの縄張りを
荒らすようなことをしたためしがありません。


たまに、ご飯を食べにやってくることがあるくらいで、食べればすぐに
姿をくらます、そんな感じでした。


ここが誰の縄張りなのか、わかって行動しているのがわかるのです。


ピ-助の隠れ家は玄関先よりも冬の寒さや雪の恐怖を感じさせません。


できればこのまま静かな冬を越してもらいたいと思っています。


頑張れ、ピ-助。






タグ:隠れ家
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

野良ネコ ピ-助の 気持ち


野良ネコのピ-助・・・・


あれから、ずっとわが家に居ます。


風邪はどうやら治ってきたようで、鼻がグシュグシュしていたのがおさまって
きました。


先日は初雪にもかかわらず30センチくらいの積雪で大変でした。

ちょうどそのときピ-助がわが家のまわりに居る状況になっていたため、

ダンボ-ル箱に毛布などを敷き詰め、ホッカイロを敷き、
温めてあげました。


これまでの冬の季節、ピ-助がどのような生活を、外で送っていたのか
ちょっと慮りました。


助けを求めてきた・・・・おそらくそう理解したわたしたち。


朝、カミさんがご飯を用意して玄関先のピ-助が入っているダンボ-ル箱を
除くと、

・ニャアアアアア~、ニャアアアアアア~・

と、甲高く鳴き声をあげたピ-助。

あの鳴き声は、どういった意味なのか、考えてしまいました。


次の日もそうした鳴き声をあげていましたが、今は普通にしています。

わが家に来てから毎日以上のご飯を与えたので一時ご飯を食べなくなった
ピ-助ですが・・・


それってどこか具合が悪いのかな?、、、などと考えたりもして。


でも、
それはもういっぱい食べたためあとはカラダを落ち着かせていたようです。


いままではわたしを見るとサッと逃げていくピ-助でしたが、
今はそばに居てわたしを見つめている感じです。


以前、ご飯をあげようとしてお皿をピ-助の顔の前に差し出したら・・

あの強力な爪で引っ搔かれ血が噴き出したことがあります。


いま、そんなことはありません・・・おとなしくしてお皿をまっています。


ひとつ困ったことが、

わが家のネコたちです。


ピ-助の存在をわかっているのですが、そのダンボ-ル箱が恐怖のようで
夕方になると外へ出るのがめっきり減っています。


それはそれでよいことのような気もしているのですが・・・。

まぁこれも2日間ぐらいのことでして、今は毎夜外へ出ていき、以前に戻りました。


ピ-助は、もともとケンカを自らするネコじゃなかったので、
いまわが家の玄関先に陣取っていても、わが家のネコたちとイザコザは
おきていません。


わが家のネコたちも、ピ-助が怖い、ということがあるのだと思いますが、

それよりも、

ピ-助が弱っていたのを理解したんだと思います。

弱っている者にケンカをふっかけたりはしない・・・そうではないかな・・

そう思っています。


まだこれから先、さらに冬は厳しい寒さになっていきます。


ピ-助が、自分の隠れ家に帰れないのなら、わが家の物置を住処にして
やろうと思っています。


玄関先では寒さがまだこたえますから。


もっと寒さがしのげる場所をあたえてあげたいなぁ、そう思います。


年齢もあるのだろうと思いますし、

もう10歳くらいになっているのではないでしょうか・・。


これまで10年も野良ネコ暮らしをしてきたのですから、カラダも弱ることでしょう。


立派です、ピ-助は。


この10年間、よく持ちこたえてきたと思います。


だから、もしピ-助の最後の場所になってもいいじゃないか・・・


そう感じているのです。


ここがピ-助の家。


それでいいのであります。





タグ:立派
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助 うちの子?



ピ-助が弱っているのは、風邪だけなのか、

まだよくわかっていません。


今もわが家の玄関先(外部)で、ダンボ-ル箱の中でうずくまっています。


何度か様子を見ては、風が吹き込まないようにして対策をしてやっています。


カラダから熱が奪われないようにしてやろうと思います。


いつもなら、わたしが近ずこうものならサッと居なくなってしまうのに・・・
今は箱の中で動こうとしません。


よっぽど気力も体力も落ちているのかもしれないです。


・・・少し思っています・・・・


このままうちの子になればいいんだけど。



無理なことだと思いますが・・・。


野良ネコは、人間を信用していませんから。


人間にどんなひどい仕打ちをされてきたのかと思うと可哀そうでなりません。


害獣、だなんてうそぶくヒトらがいますが、わたしからすれば彼らが、

害人、そう思います。


動物は嘘をつきません、裏切りもしません、ただ生きていくことだけを

命のある限り全うするだけです。


そこには、純粋な生きるチカラだけがあるだけです。


ヒトはそんな動物にどんな考えを持って対峙しているのでしょうか?


こんなことを言ってるヒマはありませんね・・・・


ピ-助が早く元気になるようにしてやらないと。


うちのネコたちと一緒に暮らせればいちばんよいことなのですが・・・。



タグ:うちの子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助 鳴く



昨夜、就寝前、

カミさんが
玄関先に用意したダンボ-ル箱で眠るピ-助の様子をうかがうと、

・ニャオ-ンニャオ-ン・

突然ピ-助が鳴きました。


ピ-助の鳴き声を聞いたのは、初めてのことでした。


寒中、体が冷えると体力が落ちると思いおやつを用意してあげたときです。


その鳴き声から、
ピ-助の、・助けて・という思いが伝わるような気がしました。


もしかしたら、本当にわが家に助けを求めて居座ったのかもしれません。


ここなら、助けてくれるかも・・・ここで命を失ってもいい・・・。


そう思ったのかも。


考えてみれば・・・・

わが家の家出娘のグウは、ピ-助と一緒にいる可能性もあるのですから。


ピ-助は、グウよりも1日早くわが家にやってきて寒さに身を震わせていました。


昨年まで、そんなピ-助を目にしたことなどありませんでした。


これはかなり衰弱しているなぁ、そう感じました。


カラダの熱を下げないようにダンボ-ル箱を用意してやり、毛布も敷いてやりました。


ちょっと元気になったかなぁ、そんな次の日・・

グウが帰ってきたのです。



偶然かな?・・・・


でも、何かこの2匹に知りえるお互いの状況が垣間見える気がしました。


グウに話しかけてみました。
・ピ-助を家に連れてきてあげたのか、グウ・

グウは
・ニャァ~・


ピ-助が弱っているのを、グウはわが家に助けてもらおうとしたのかもしれません。


弱っているピ-助、

いつもならわが家のほかのネコたちとケンカまではいかずとも、
唸りあったりしますが、


今回はわが家のネコたちも、ピ-助が弱っていることを理解しているのか、、、

騒ぎは全く起こりません。


今朝もじっとダンボ-ル箱の中で、温まっていました。


ピ-助のあの鳴き声は、それとも、

・ありがとう・

そんな鳴き声なんだろうか?


大丈夫、

きっと良くなるから。


薬もご飯に混ぜているから、もうすぐ元の元気なぴピ-助に戻るよ。


大丈夫。

タグ:ニャオ-ン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

グウの 不思議



帰ってきたグウ・・・。


こうして帰ってきたとき、いつも気になることは、その汚れていないカラダです。


プチ、とはいえ家出している娘ネコ。


足元やカラダのお腹辺りは通常雨や雪などに触れて、濡れていることがあるはず。


しかしグウにはそういった汚れがほぼ見つけられないのです。


なんといえばいいのか、

どこかのお宅にでもお世話になっているのか?とさえ考えてしまうほどです。


・・・・いつもいつもこんなにきれいなカラダで帰ってくるのは不思議でしかありません。


不思議なんです、とっても。

7か月です、今年の4月に出て行ってから、7か月。

一度たりともわが家に帰ってきたことはなく、11月17日(金曜日)の朝方帰宅しました。


どうしてこんなに綺麗なカラダでいられるのか。


どこか、わが家の近くに潜んでいて、そこから帰ってきたとしても・・・

この雪が降っている状況で濡れない・・・なんてことがあるのか?


本当に・・・足の裏側以外は濡れていないのですから・・・。


いったいどこでこの7カ月間を過ごしていたんだろうか?・・・んんん??


それは確かにお腹は減っているのですが・・・痩せてもいるわけでして、

なら、やはり家出してからろくに食べ物も食べれていなかったのだろうな、などと
思うわけでして。


グウがこうして帰ると同じ事を毎年考えているのも、おかしな話ですが。


まぁ、今はグウが帰ってきてくれたことを喜んでお祝いしてあげることにします。


ほかのネコちゃんたちもなにか喜んでいるように見えてきます。


ピ-助もまだ家の玄関先で風邪を治そうとして我慢しているところです。


ピ-助・・・逃げません。

わたしたちが毛布を追加して温かくしてあげるのを黙って見ているんですよねぇ。


わたしたちがしていること、きっとわかっていることでしょう。

家の中に入れようとしてもそれだけは拒否するんです。


頑張ろうとしているのがわかりますよ。


ネコ風邪に負けないで、頑張れピ-。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

帰ってきた グウ



寝ています~…グウちゃん。


食べては水を飲み、寝る・・・・また食べて水を飲んで、寝る。


マジ寝ますね~・・すっかり疲れを癒しているって感じです。


こんなに落ち着ける場所があるっていうのに、なんでプチ家出してるのか?


まさしくここが自分の家だとりかいしているはずですしねぇ?


以前にも記述しましたが、

こうして家出していて帰ってくると、体が汚れているとか傷があるとか、

そういうことがあると思うんですよね、


だけど今回もまったく全然汚れもないんです。


変化があるとしたら、

首輪がなかったことだけです。


新しい首輪をつけてあげましたよ、うん、似合ってます。


かわいいグウです、あの独特の鳴き声も変わりません・・・ガウアガウアっって。


カラダはけっこう痩せましたねぇ、こんなに小さくなって。


これでしばし次の春まではわが家に居ながら生活することでしょう。


今年は一度も姿をみせなかったグウ。


7カ月のあいだどこでどうしていたのかさえ、わたしにはわからないのです。


それでもわが家を忘れずに帰ってきてくれました。


今晩は少しだけお祝いします。


グウちゃん、お帰りなさい。



一年間、外の世界で頑張ったね~。
タグ:家出
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

雪とともに 帰る



今年の早春、・・・・4月に家を出て行った、メスネコのグウ。


御年、8歳になるところ。



昨日の朝から雪がチラリチラリしていましたが、。


こういう景色が見えだすときに、プチ家出娘のグウが帰ってきていたのですが。


午前中のうちに雪は激しくなっていきました。


あたり一面、白い世界です。


・・・・この日はそれ以前にあの野良ネコのピ-助が家の玄関の前に居座っていました。


寒さに震えているのがわかりました・・・・ご飯をあげダンボ-ル箱の底に
毛布を敷いてピ-助が温まるようにしてあげました。


ピ-助、風邪をひいているようで、鼻をグシュグシュ~としています。

こうしてピ-助は一晩、玄関の場所で過ごしたんです。


そうした中、午後の三時ころ、カミさんが、グウの声が聞こえたような気がする、
なんて言いまして・・・・。


わたしは、7か月も姿を見せないグウのその身に何か大事が起きたのではないか、
もう帰らないのではないか、、、そう考えていたので、


カミさんの言葉に耳を傾けませんでした。

・・・でも、その後ちょっとしてから、わたしの空耳?なのか・・・
わたしにもグウの声が聞こえたような、そんな気もしたんです。


夜になってもグウの姿は見当たりません。

カ-テンをあけて、・グウ-ちゃん・の名前を何度か呼んでみますが、声も姿も
現れません。


辺りは完全に冬景色になっています。


わたしの中で、グウはもうこの世にいない、という気持ちを持っていないと
悲しすぎる・・・・そんな思いがありました。


こんな雪が降りだしても帰らないグウ。

きっと何かの事故などで、命を落としたかも・・・そんなことを考えてしまうのです。


そう思わないと、。


さみしすぎますから・・・。


寝る前に野良ネコのピ-助にまたおやつをあげ、ダンボ-ル箱の上にビニルシ-トを
かぶせて、温度が少しでも逃げないようにしてやりました。


・・・・・

朝起きてすぐにピ-助の状態を確認しました。

なんとか元気そうです、ご飯もちゃんと食べてくれました。


グウ、・・・・は、。



また居間のカ-テンをあけてサッシを開放してグウの名前を呼んでみます。


すると返事が。


・グァ~グァ~・

特徴的なその鳴き声こそグウなんです。


まわりを見渡すと、グウがわたしのクルマの下からその姿を現します。


グウは生きていました。

7か月も帰らなかったグウ。


生きていたんです!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ヒトの 目線



わたしの住む地方には、もうそろそろ雪の季節がやってきます。


わが家のネコたちには、またそれも楽しい時なのだと思います、が。


わが家のネコたちは、
雪が降っても元気よく外へ出たりし走ったりし、それはそれは本当に楽しそうです。

そんな姿を見るのは、また、わたしの楽しみでもあります。


・・・でも毎年、この雪の季節が近ずくと、あの野良ネコのピ-助のことをほぼ、
毎日のように思い浮かべてしまいます。


ここは、大雪の街ですから、ちょっとの雪じゃありません。

時には雪が降り始めたか、と思うと、数分で30センチは積雪し、足を運ぶのも大変に
なるほどなのです。


それでも、ここは一応30万都市。


雪は大吹雪になると、視界前方が1メ-トル先も判断できなくなります。

体験ですが、
家の前までクルマで帰ってきたのに、直前で道路わきに脱輪して動けなくなったことがあります。

雪が、目の前の判断するべきモノや道路、などを遮り、思わぬ落とし穴を用意します。


この時は、脱輪したクルマを上げるのに、3時間もかかったのです。


なので、
野良ネコだって、日ごろ住処にしている場所は、ほぼ住めなくなると考えられます。

この地方の雪は、経験していなければ、もはや住みたくない場所のはずなのです。


野良ネコのピ-助は、こんな雪の地域で生きています・・・そして春になると・・・


気にしていたわたしを思ってか・・・その姿を見せてくれるのです。


そんな春が訪れた時、わたしはようやく安心して仕事も生活もできる気がしています。


ヒトは勝手です・・・・そういった動物を排除することしか考えません。


懸命に生きる野良ネコ。


生きていくことでしか自分を現すことができない野良ネコ。

ケガしたって誰も助けてはくれません。


ヒトに追いやられ、隠れ家を探しあちらこちらを動き回る野良ネコ。


どうか、今年の冬も頑張って生き抜いてほしいです。


・・・・誰もこんな大雪の街に住みたがらないだろう・・・・そうは言うものの・・・


ここは、そんなキツイ冬を乗り切ったとき・・・・心も体も解き放たれたような新鮮な


春を迎えることができるんです。


日本のどこよりも四季を感じさせ、キツイ冬を体験させ、とてつもない鮮やかな春。


それを感じることができる、そんな街です。



ピ-助は、またきっと頑張りますよ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット