So-net無料ブログ作成

ネコと お話し



ネコたちと生活していると、なぜか・・

ネコに話しかけている自分。


いつしかネコに言葉をかけている自分がいました。


ネコは、ニャァ。


わたしは、いろはにほへと・・。


どうしてか?
と考えてみれば、おそらく同じ空間で一緒に生活しているネコが、わたしが話す
言葉に反応をしてくれる、だろうという希望的なことなんでしょうか?


当然、
ネコは話せるわけではありません。


しかし、
反応は見せてくれるんですね、、。


言葉で、かわいいね、なんて話すと、これがネコに伝わっているんじゃないか、

というほどネコは喜んでいるんです。


その時のしぐさや喜ぶ姿のかわいさは、子供の比じゃありません。

ネコの方がとてもかわいい。


どう見てもネコがかわいいんです。


言葉は、本当は必要ないものかもしれません。


動物はヒトの言葉は話せないし、理解はできませんよね。


でも言葉が理解できないのに意思疎通はできていることが多くあることが
わかるんです。


わたしは、ネコと一緒に居ると、

ネコも同じように一緒に居て精神的なリラクゼ-ション状態にいるんだな、

・・そう感じているんです。


お互いに、です。


こいうった関係は対ヒトじゃないので、余計な言葉もないし、

とても安心感があるのです。


言葉で傷つかないし、傷つけられることもないんです。


動物、ペット、。


ヒトとの関係が深くなるのはそのあたりの関係が大きいのではないでしょうか?


言葉って、人に関して言えば、
強すぎたり弱すぎたり、または、ひどすぎたり、冷たかったりします。


ネコとヒトは言葉が通じないからこその、こう思っているのかな?


そんな思いやれる言葉への裏道が通っているんだな・・・そう思っています。


ですから、
ネコがイタズラしても、人間相手のように叱ったり怒ったりしません。


それって意味がないことなんです。


ネコをネコとして、まずは認めてあげなくちゃ。ねぇ。
タグ:お話し
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

危険な場所 安全な場所



久しぶりに帰省してみると、

これまで気が付かなかったことが見えてくるものです。


ネコたちの成長はもちろんですが、

ネコたちの行動範囲がどうなっているかがわかる気がします。


現在11歳のレオとハル・・8歳のク-とグゥ(プチ家出娘)・・そして、
6歳のウシワカとチコとキラ。


年代差はあるものの、仲良く暮らしている7匹。


11歳のレオとハル、
もう年なのであまり動こうとしないのがハルです、レオはオスなのでまだまだ元気に
外へパトロ-ルに出かけています。

まだ若かったころは遠出もしていてなかなか帰ってこないこともありました。

でも今は家の周りのどこが危険なのか、安全なのかを理解できています。

それが次の世代のネコたちに伝えられているようです。

レオやハルから、ク-やグゥへ・・・そしてまた、ウシワカやチコやキラへと。


興味本位だけで遠出をしたりすることがなくなっています。


朝にはきちんと家に戻っている7匹。(いえ、1匹はプチ家出中でした。)


お利口になりました、全員。


面倒をかけていないってことなんです。


居なくなってそこら辺中を探したりすることがなくなりました。


またそのうちそんなことが起こることもあるかもしれませんが、
今のところその兆しは見つかりません。


ネコは年齢差を重んじている動物です。
年上のネコに歯向かったりはしません、、日ごろの生活を見ればおのずとそれが
わかります。


血のつながっていない3世代のネコたちですが、

きっとこれからも仲良くしてくれることを願います。


いい子たちなんです、本当に。


タグ:安全 危険
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ネコは 番犬



わたしが幼いころ、家の前に番犬がいるお宅が多かった時代です。


今はその番犬もめったにお目にかかることがなくなりました。


当時は今ほどセキュリティに関して情報もなかったですし、家の安全意識って
低かったのでしょう。


家にカギをかけて出かける、
そういったお宅も少なかった時代があったんですね。


犬は番犬の役割を果たしていたのですが、いつのまにか時代は変わりました。

犬も今では家の中で飼われているのが常識的にさえなっています。

大変な時代でだなぁ、と思ってしまいます。


犬の本能を家の中に閉じ込めてしまう、とか、

ネコの本能を家の中に閉じ込めてしまう、とか、動物の本能を認めない時代です。


これって日本の国の政治と似ているんじゃないでしょうか??


動物への対処の方法の在り方を見れば、おそらくそのお国柄が見えてきますよ。


残念ですが、
日本はペットに対して非常に過酷な生活を強いる国だと、思えてきます。


まぁ難しい話をしたいわけではないので・・・。


犬が番犬の能力を持っているとすれば、

ネコはどうでしょうか?


ネコだって犬とは違ったところで番犬に似た能力を持っているんですよね。

ネコの耳はやはり番犬と同等の能力なのだと思うんです。


ネコと一緒に家の中に居るとき、
家の方に近ずく物音に敏感に反応するネコの動きは、誰かが近くに来ていることを
知らせています。


それもすぐ近くの音ではなく、遠くの音に反応しているわけです。

ヒトの足音などには驚くほどの反応を示してくれるんです。


真夜中でもです。


動物はそれぞれ、持ち味の能力でヒトとの調和を取っているんだと思えます。


だって、
人間にはそういった能力がほぼないのですから。


そんな犬やネコが能力を発揮したからこそ、昔からヒトと共存し生きて
きたんだと思います。


ネコだって、番犬と同じなのであります。


タグ:番犬
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

一緒に眠る ネコ


ゴ-ルデンウイ-クが長すぎて、

家でダラダラ~っとしている毎日です。


基本はダラダラが好きなのでヒマというわけじゃないのです。


休みというのはダラダラしているのが精神的にもカラダ的にもいちばんじゃないかなぁ、
と思います。


休みの日だから何かしようとかどこか行こうとか計画するのは疲れます。


わが家には疲れをとってくれるネコたちがいるので、満足しています。


せいぜいやることは、釣りくらいですね。

真鯛釣り。

わたしの地方では今が真鯛釣りの季節なので・・・。


一日過ごしているとなんとなくボヤ~としていて眠気に襲われてくるので、
まぁいいじゃないか、眠っちゃいましょう。


2時間とか3時間とか、目が覚めてもまた眠ります。


これがかなり効果的で、疲れが自然になくなっていきます。


こうして眠るとき、ウシワカとチコが一緒に寝てくれているんです。


兄妹ネコの2匹がわたしの顔のそばで一緒です。


伸びきったカラダでウシワカ、その下に埋もれるようにチコ・・・。


3匹でっす。

わたしもいますから。
タグ:眠る
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ピ-助は どこへ?



帰省してまもなく、気がかりなことがあります。


あの野良ネコのピ-助が春だというのにまったくその姿を見せないとのこと・・・。


昨年の冬、
12月頃にわが家の周りから出て行こうとせず、吹雪の中もどこかへ逃れようともせず


凍える中、ジッと雪の中動かなかったピ-助。


見かねたわたしたちは、
ピ-助を物置小屋の中に招き入れたんです。


それだけでは寒さは凌げないので、ダンボ-ル箱の中に毛布を敷き、

ダンボ-ル箱の外側をさらに毛布で包み、ビニル袋で覆いました。


多少の寒さには耐えられるかな・・・?、そんな判断でした。


毎日ご飯をあげ、様子を見ていましたが、


とある朝、
ピ-助の姿はありませんでした。


真冬の寒さの中を、


ピ-助はいったい、どこへ行ったのか?


わたしたちには残る手段も選べません。


・・・・ピ-助にご飯をあげたりすると、・おお~ん・と大きく鳴いたことを
思い出します。


3度ほどそうして鳴いたことがありました。


思えば、
・ありがとう・、、、そう言っていたのかも。


野良ネコの命は短い、と言いますが、おそらくピ-助は10歳くらいになって
いたはずです。


わが家を新築した次の年から家の周りに出没しだしましたから。



何とも言えない優しい風貌のピ-助でした・・。


もしかすると、もうピ-助はこの世に居ないのかもしれないのです。


冬に耐えられるチカラが残っていなかった、のかも・・・。


それは、あの・おお~ん・と甲高く鳴いたピ-助の鳴き声に表したのかなぁ・・・


そんなことを、考えたりしています。


もし元気でいるなら必ず姿を見せてくれるはずなのですから・・。





ピ-助の行方を知りたいです。


タグ:行方
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

グウ 春先取り



あ、グゥのことなのですが・・・


またもや雪が溶けた状態になってからプチ疾走した模様であります。


冬の間はわが家で冬眠?状態となり、春の目覚めとともに外へ出ていく、といった
もう毎年の行事となっていて、


わたしどもも、慣れてしまいました。


いつか、GPSを購入してグゥのカラダにセッティングしようと考えていますが、。


こうしてまた次の冬にはあたりまえかのように帰ってくるんですから、すごいです。


痩せてもいず、カラダも小綺麗なままで帰宅してきます・・・?・・

なんでだろう?、とても毎回不思議に思うわけですが。


出ていく前日には、
カミさんの膝に乗っかって、しばらくゴロゴロ甘えていたそうですが・・・。


春は、グゥの季節となっています。
タグ:疾走
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ゴ-ルデンウイ-ク キャット


ゴ-ルデンウイ-ク・・・帰省です。

12日間なので余すかも。


久しぶりにわが家のネコたちとご対面しました。


春もやってきたわたしの生まれ故郷ですが、ネコたちにも良い季節到来です。

冬のあいだは、
やはりなかなか外へは出れないことが多くなっていたでしょうから、もう外へ
出るのが楽しくてたまらない様子です。


帰省したとき、
ネコたちの表情は様々でして、わたしだとすぐにわかって走り寄るウシワカや、

誰?こいつ?、

そんな顔して凝視する、ハルなど、ネコはいろんな顔を見せてくれます。


それでも時間が経過するとそばに来て、ようやく慣れてくれますが・・・。


10日ほどゆっくりとネコたちと過ごしたいと思っています。

別にどこかへ出かけようとも思いません、。


ネコたちと一緒に居ることの方が、精神的に安泰な気分になれるからです。


彼らの姿を見ているだけで安心感があります・・どうしてでしょうか?


なんとなく安心です。


精神安定剤、みたいな感じですよねぇ。


桜はまだ完全に散ってはいないみたいなので、お花見くらいはその辺でしたいですね。


そういえば、
イエロ-ちゃんというネコがまたやってきてわが家のまわりを徘徊しています。


首輪をしていますから近所のどこかのお宅で飼っているのでしょう。


とても綺麗にしているイエロ-ちゃんです。


たまにしか外へ出ないのだろうと思われますが、うちに遊びにおいでね~。


ケンカしないように・・・。


大丈夫、慣れてくればケンカなんてしないからねぇ。


だけど、本当に毛並みが整っていてキレイなイエロ-ちゃんです。


飼い主の方に、感服でした。
タグ:イエロ-
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット